前スレはこちら






184: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)11:54:01 ID:i2Z
とある日の朝.....


ミサト「んぐ、んぐ、んぐ、んぐ、んぐ、んぐ、ぷっはぁーーーー!!くぅ~~~~~~~~!!朝一番はやっぱこれよね~!!」

彡(゚)(゚)「ビールゴクゴクで草」モチャモチャ

シンジ「....コーヒーじゃないんですか?」モグモグ

ミサト「日本人はね、昔から朝はご飯と味噌汁、そしてお酒って相場が決まってんのよ」

シンジ「ミサトさんがでしょ?」モグモグ

ミサト「なっ何よ…...」タジ....

シンジ「大体今朝の食事当番は誰でしたっけ
?ミサトさんがその年でいまだに一人なの分かったような気がします」モグモグ

彡(^)(^)「こどおば!こどおば!売れ残りBBA!」キャッキャッ

ミサト「なんですってぇ!?」ゴンッ!!

彡(。)(;)「いたぁ!なにすんねん!アラサーの暴力系ヒロインとか需要なさ杉!」

ミサト「悪かったわねぇ~、がさつで」ムシャムシャ

シンジ「ずぼらもでしょ?」ズズ...

彡(^)(^)「あとアバズレも追加で」

ミサト「もぉ~~うっさいわねぇ~~アンタたち!」

シンジ「ごちそうさま」ガタ....

彡(^)(^)「ごちうさ!」ガタ....

185: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)12:03:41 ID:i2Z


シンジ「ほんとに今日学校くるんですか?」

ミサト「当たり前でしょ?進路相談なんだから」

シンジ「でも仕事で忙しいのに…...」

ミサト「いいのいいの、これも仕事だからね!」

シンジ「仕事...…ですか…..」

ピンポ-ン!

ミサト「はい~~!あら~~~わざわざありがと~~~!少し待っててね~~~!」

彡(^)(^)「出た!BBAあるあるの電話とインターホンで猫なで声!」

シンジ「ミサトさん、そんな格好で出て行かないでよ、恥ずかしいから…....」

ミサト「はいはい♪」


トウジ ケンスケ「おっはよう!碇君!ワイ君!では、ミサトさん!行ってきま~す!」

ミサト「行ってらっしゃい♪」ヒラヒラ

トウジ ケンスケ「おお~~~!///」

シンジ「もぉ、早く行こうよ!」

187: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)12:07:54 ID:i2Z


ミサト「皮肉か.......」ニコッ...

ミサト「ワイ君は元々あの調子だけど、シンジ君に関してはくだけて表情が出てきたのはいい傾向かな」グビッ

電話『はい、もしもし』

ミサト「今家を出たわ、後のガードはよろしく」

188: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)12:26:36 ID:i2Z
学校.....


車「」キキィーッ!


トウジ「いらっしゃたで~!」バタバタ!

生徒たち「カッコイイ!誰あれ!?」「碇とワイの保護者!?」「なに!碇とワイってあんな美人に保護されてるの!?」

彡(^)(^)「せやで~、ミサトネキが生理の時は必ずゴミ箱から生理用ナプキンを漁って生レバーをご飯にかけてズルッと......」

女子たち「ギャアアアア!!」「ひっこめ変態!!」「死ね!!」

彡(^)(^)「ムホホw」ムラムラビ-ン!

ヒカリ「バッカみたい」

トウジ「はぁ~......やっぱミサトさんってええわぁ~.....///」

シンジ「そうかなぁ…...」

トウジ「あれでネルフの作戦部長やゆうのがまた凄い!」

シンジ「そうかなぁ…...」

トウジ「ケンスケ、良かったなぁシンジがお子様で」

ケンスケ「まぁ敵じゃないのは確かだね」

シンジ(トウジ達はあの人のだらしなさを知らないんだ)

トウジ「ああ、ああいう人が彼女やったらなぁ~....///」

シンジ「苦労すると思うよ」

トウジ ケンスケ「「分かってないねぇ、センセエ!」」

トウジ ケンスケ「「よっしゃ!地球の平和はお前に任せた!だからミサトさんはわし(僕)らに任せろ!」」バシン!

シンジ「えぇ.......」ヒリヒリ....

189: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:10:39 ID:i2Z
そのまた翌朝.......


ミサト「おはよう」キリッ

シンジ「お、おはようございます....」

ミサト「仕事で旧東京まで行ってくるわ、多分帰りは遅いから何かデバって、じゃ」ガチャッ....

シンジ「あ、はい....」

彡(゚)(゚)(......二重人格かな?)

190: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:10:59 ID:i2Z
旧東京.........


時田「これよりJ.A.(ジェットアローン)の起動テストを始めます。
何ら危険は伴いません、そちらの窓から安心してご覧ください」

オペ1「起動準備よし」

時田「テスト開始!」

オペ2「全動力、開放!」

オペ3「圧力、正常」

オペ4「冷却器の循環、異常無し」

オペ5「制御棒、全開へ」

オペ6「動力、臨界点を突破」

オペ7「出力、問題なし」

時田「歩行開始!」

オペ1「歩行、前進微速、右足前へ!」

オペ2「了解、歩行、前進微速、右足、前へ!」


J.A.「」ズシン.....


観衆「おお!」


オペ1「バランス正常」

オペ2「動力、異常無し」

オペ3「了解、引き続き左足前へ」

オペ4「ヨーソロー!」


J.A.「」ズシン ズシン


ミサト「へぇー....ちゃんと歩いてる、自慢するだけのことはあるようね」

リツコ「..........」

191: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:11:23 ID:i2Z


J.A.「」ズシン ズシン


時田「......どうした?」

オペ1「変です、リアクターの内圧が上昇していきます!」

オペ2「一次冷却水の温度も上昇中!」

時田「バルブ開放!減速材を注入!」

オペ3「だめです!ポンプの出力が上がりません!」

時田「いかん!動力閉鎖!緊急停止!!」

オペ4「停止信号、発進を確認!」

オペ5「受信されず!!」

オペ6「無線回路も不通です!!」

オペ7「制御不能!!」

時田「そんな馬鹿な!!」


J.A.「」ズシンズシンズシン!!


観衆「うわぁぁぁぁ!!」「きゃぁぁぁぁ!!」


ドゴォォンッ!!


J.A.「」ズシンズシンズシン!!


ミサト「ゴホッ......作った人に似て礼儀知らずなロボットね」

192: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:11:48 ID:i2Z


オペ1「加圧器に異常発生!!」

オペ2「制御棒、作動しません!!」

オペ3「このままでは炉心融解の危険もあります!!」

時田「信じられん...…J.A.にはあらゆるミスを想定し全てに対処すべくプログラムが組まれているのに...…このような事態はありえないはずだ…...!!」

ミサト「だけど今、現に炉心融解の危機が迫っているのよ!」

時田「こうなっては自然に停止するのを待つしか方法は…...」

ミサト「自動停止の確率は?」

オペ1「0.00002%、まさに奇跡です....」

ミサト「奇跡を待つより捨て身の努力よ!停止手段を教えなさい!」

時田「方法は全て試した!」

ミサト「いいえ、まだすべてを白紙に戻す最後の手段が残っているはずよ、そのパスワードを教えなさい」

時田「全プログラムのデリートは最高機密、私の管轄外だ!口外の権限はない!」

ミサト「だったら命令を貰いなさい!」

ミサト「今すぐ!!」

193: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:12:13 ID:i2Z


ミサト「もしもし、日向君?
厚木にナシつけといたから、シンジ君と初号機、ワイ君と参号機をF装備でこっちによこして、そ、緊急事態」

リツコ「無駄よ、おやめなさい葛城一尉、第一どうやって止めるつもりなの?」

ミサト「人間の手で直接!」ニコッ!

194: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:12:38 ID:i2Z


時田「.....本気ですか!?」

ミサト「ええ」

時田「しかし内部はすでに汚染物質が充満している!!危険過ぎる!!」

ミサト「うまく行けばみんな助かります」

オペ1「ここの指揮信号が切れるとハッチが手動で開きますから」

オペ2「バックパックから進入できます」


時田「HOPE...希望…プログラム消去のパスワードだ」


ミサト「…....ありがとう!」

195: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:13:14 ID:i2Z


ミサト「目標はJ.A. 5分以内に炉心融解の危険があります、ですから目標をこれ以上人口密集地に近づけるわけにはいきません」

ミサト「青葉君聞こえる?」

青葉『はいどうぞ』

ミサト「先に参号機を切り離して、切り離した後は安全を確保するためにすぐに安全高度まで上昇して待機していて」

青葉『了解』

ミサト「ワイ君」

彡(゚)(゚)『ほい』

ミサト「参号機は一足先にドッキングアウトするから目標の前方に回り込んでなんとしても進行を阻止して」

彡(^)(^)『おかのした、これが終わったらご褒美の愛の授乳頼むでー』

ミサト「はいはい、授乳でもなんでもしたげる」

彡(^)(^)『ウッヒョォォォォォ!!』シコシコドピュルルル!!

ウワッ!!ヤメロワイクン!!セイシガフクニカカル!!

196: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:14:10 ID:i2Z


ミサト「日向君」

日向「はい」

ミサト「参号機を切り離した1分後にこちらも初号機を切り離して、その後は青葉君と同様、速やかに離脱、安全高度まで上昇して」

日向「了解」

ミサト「シンジ君」

シンジ「はい」

ミサト「ワイ君が目標を食い止めているスキに私を背後部に取り付けて、以後はワイ君と協力して可能な限り限り目標の移動を塞き止めてね」

シンジ「乗るんですか?ミサトさんが?」

ミサト「そうよ」

シンジ「そんな無茶な!」

ミサト「無茶は承知よ、ほかにベターな方法が無いの」

シンジ「でも、危なすぎますよ!」

ミサト「大丈夫、エヴァーなら万が一の直撃にも耐えられるわ」

シンジ「じゃなくって!ミサトさんが!」

ミサト「.......ま、やれることやっとかないとね、後味悪いでしょ?」

シンジ「..........」

197: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:14:41 ID:i2Z


青葉『目標を肉眼で確認!!』


ミサト「さて.....作戦開始よ」


青葉『エヴァ投下位置!』


ミサト「参号機ドッキングアウト!!」


彡(゚)(゚)「了解!」ガシャンッ


ヒュゥゥゥゥ.......ズシィンッ!!


彡(゚)(゚)「よっしゃ!!行くで!!」ズシンズシン!!


J.A.「」ズシンズシンズシン!!


彡(゚)(゚)「待たんかい!!100m走20秒のワイから逃げられると思うなや!!」ズシンズシンズシン!!


J.A.「」ズシンズシン!!


ガシィッ!!


彡(゚)(゚)「よっしゃ!捕まえたンゴ!ミサトネキ、はよ!」グググ.....!!

198: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:15:29 ID:i2Z


ミサト「よし!さて、いくわよ」

日向「エヴァ投下位置!!」

ミサト「初号機ドッキングアウト!!」


シンジ「了解!」ガシャンッ


ヒュゥゥゥゥ.......ズシィンッ!!


ミサト「よし!このまま乗り付けて!!」


ゴゴゴ.......


ミサト「よし!なんとか乗り込めたわ!」スタッ


シンジ「ミサトさん......!気をつけて......!」


ミサト「すごい熱......!こりゃまずいわね......!」グツ...

199: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:15:58 ID:i2Z
J.A.内部......


ミサト「ここね.....!」ザッ....

ミサト「..........」カタカタカタ...カチッ

モニター『希望』


モニター『ERROR』ピ----!!


ミサト「エラー!?何よこれ....!!」


ミサト「間違いない.....プログラムを変えてあるんだわ......!!」


ミサト「こうなったら.....一か八かね......!」


ミサト(手動で......!!電源を.......!!)グググ....!!

200: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:16:25 ID:i2Z


J.A.「」プシューッ!!

彡(゚)(゚)「止まれ....止まらんかい.....!!」グググ.....!!

シンジ「ミサトさん!!逃げてぇーーー!!」


ミサト「動けぇーーーー!!このぉーーーー!!」グググ....!!


オペ1「限界まで後0.1!!」

オペ2「駄目です!!爆発します!!」

時田「ダメか.......!!」


シンジ「ミサトさん!!!!」
彡(゚)(゚)「ミサトネキ!!!!」

201: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:16:50 ID:i2Z


ミサト「ぐぅぅぅぅ.......!!」グググ....


ガコンッ!!


J.A.「」プシュ-.....


ミサト「..........!」


オペ1「やった!!」

オペ2「内圧ダウン!!」

オペ3「すべて正常値!!」

「助かったぞ!!」「やった!!やった!!」


リツコ「......あの馬鹿」

202: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:17:25 ID:i2Z


シンジ『ミサトさん、大丈夫ですか!?ミサトさん!?』

彡(゚)(゚)『ミサトネキ!!返事するンゴ!!』


ミサト「私なら大丈夫よ.....もうサイテーだけどね…...」


彡(^)(^)『おぉ!!よかったンゴ!!まだミサトネキのおっぱいを飲んでないのに死なれたらたまったもんじゃないンゴ!!よかった!!これで帰ったら授乳ができるンゴ!!』

シンジ『良かった、無事なんですね!良かった!本当に良かった!でも凄いや、僕見直しちゃいました!本当に奇跡は起きたんですね!』


ミサト「ええ......」


ミサト(奇跡は用意されていたのよ......誰かにね)

203: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:17:57 ID:i2Z
ネルフ本部........


リツコ「初号機と参号機の回収は無事終了しました、汚染の心配はありません、葛城一尉の行動以外は全てシナリオどおりです」

ゲンドウ「ご苦労」

204: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:18:32 ID:i2Z
翌朝......


ミサト「んぐ、んぐ、んぐ、んぐ、ぷっはぁーーー!!くぅ~~~!!」

ミサト「さて、次は朝シャン朝シャン!ブラとパンツはどこかいな~♪」ガサゴソ

シンジ「むぅ........!」ムスッ....

彡(^)(^)(パンツならワイが履いとるで~)


トウジ ケンスケ「おっはよー!碇君!ワイ君!」ガチャッ


シンジ「おはよう、行ってきます.....」

ミサト「いってらっさ~い♪」ヒラヒラ


トウジ ケンスケ「「おぉ~.......!!///」」

205: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/27(土)15:19:08 ID:i2Z


トウジ「はぁ~.....やっぱかっこえーなーミサトさんは!///」

シンジ「僕もそう思ったけど家の中じゃみっともないよほんと、ずぼらだしかっこ悪いしつくづくだらしないし!見てるこっちが恥ずかしいよ!」

ケンスケ「羨ましいな、それって」

シンジ「どうして?」

ケンスケ「やっぱ碇ってお子様な奴」ヒソヒソ

トウジ「ほんまやな」ヒソヒソ

彡(゚)(゚)「流石童貞って感じやな」ヒソヒソ

シンジ「ど.....どうしてだよ?」

ケンスケ「他人の俺たちには見せない、本当の姿だろ?それって家族じゃないか!」

彡(^)(^)「そうそう!家族だからこそ家族の本当の姿が見られるんやで、なんならワイなんかこないだミサトネキのうんことかオナ......」

トウジ「お前はこれ以上喋るなや!!」ドゴォッ!!

彡()()「グエー死んだンゴ」


シンジ(家族.......か)ニコッ...

207: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/28(日)11:40:32 ID:OVI
とある日......


彡(゚)(゚)「ファ?セカンドチルドレン?」


ミサト「そうよ、アスカって子なんだけど」

彡(゚)(゚)「なんかシ○ブキメてそうな名前やなぁ、強いんか?」

ミサト「えぇ、すごく優秀な子でね、4才の時にパイロットに選ばれてから訓練を重ねてきて、しかも英才教育を受けていてあなたたちと同年代にして去年大学を飛び級で卒業したばかりの超がつくエリートなのよ」

彡(゚)(゚)「はぇ~」

シンジ「で、そんなすごい子が明日ドイツから来日するんですか?」

ミサト「そ、エヴァ弐号機の輸送と一緒にね、明日あなたたちにも会ってもらって紹介するからよろしく!」

シンジ「......はい」

シンジ(......どうも初対面の人に会うのって億劫っていうか苦手なんだよな.....)

彡(゚)(゚)(幼少期から訓練を受けていて飛び級で大学を卒業しているドイツ人......)

208: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/28(日)11:44:07 ID:OVI
私が弐号機パイロットのアスカです
   (´・ω・`)
  / >‐ 、-ヽ
  /丶人_。_ノ_。)
 ( くYーiー(|
  \_ξ~~~~~Y
   |__/_|
   |、ノ|、_ノ
よろしく!

(´・ω・`)   n
⌒`γ´⌒`ヽ( E)
( .人 .人 γ ノ
ミ(こノこノ `ー´
)にノこ(

209: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/28(日)11:49:07 ID:OVI

   ̄ヽ、   _ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ○
       O 

彡(゚)(゚)(みたいな感じなんやろなぁ....)

ミサト「ま、とにかくこれからあなたたちと同じパイロットとして仲間になるんだから仲良くしてね、さて、明日は早いし二人とももう寝なさい」

シンジ 彡(゚)(゚)「「はーい!」」

210: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/28(日)12:00:16 ID:OVI
翌朝.....


ケンスケ「Mi-55D輸送ヘリ!こんなことでもなけりゃあ一生乗る機会ないよ!まったく、持つべきものは友達って感じ!なぁ、シンジ!」

シンジ「えぇ?」

ミサト「毎日同じ山の中じゃ息苦しいと思ってね、たまの日曜だからデートに誘ったんじゃないのよ♪」

トウジ「ええっ!それじゃ今日はほんまにミサトさんとデートっすか!?この帽子、今日のこの日のためにこうたんです~!ミサトさ~ん!///」

彡(^)(^)「デートの締めくくりといえばラブホやからなぁ、ミサトネキに性欲を持て余した中学生男子4人の雄力を思い知らせるのが楽しみやなぁ」

シンジ「で…....どこに行くの?」

ミサト「豪華なお船で太平洋をクルージングよ!」ブイ!

211: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/28(日)12:09:52 ID:OVI
空母オーバー・ザ・レインボー.....


ケンスケ「おおー!!空母が5、戦艦4、大艦隊だ!!ほんと持つべきものは友達だよなぁー!!」

トウジ「これが…....豪華なお船…...?」

ケンスケ「まさにゴージャス!!さすがは国連軍が誇る正規空母、オーバー・ザ・レインボー!!」

シンジ「でっかいなあ…..!」

ミサト「よくこんな老朽艦が浮いていられるものねー......」

ケンスケ「いやいや!セカンドインパクト前のビンテージものじゃないっすかぁー!?」


艦長「フン、いい気なもんだ、オモチャのソケットを運んできよったぞ、ガキの遣いが」

212: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/28(日)12:31:00 ID:OVI


ケンスケ「おぉー!!凄い凄い凄い凄い凄い凄い凄い凄すぎる!!男だったら涙を流すべき状況だねこれは!!はぁー凄い凄い凄い凄い凄い凄ぉい!!」

ヒュゥゥゥ....!!

トウジ「あ!帽子が!待て!待たんかい!」ダダッ!

シンジ「ふぁ~あ…....」テクテク...

彡(゚)(゚)(あぁ~早く帰ってベッドでオナニーして眠りたいンゴ)テクテク....

トウジ「くっそお…...止まれ!止まらんかい!」ダダッ!

ゲシッ!

トウジ(!?ワシの帽子を踏みつけよった......!?)


???「Hallo,ミサト!元気してた?」


彡(゚)(゚)「...........!!」ムクッ!!


ミサト「まあねー!あなたも背伸びたんじゃない?」


???「そ、他のところもちゃんと女らしくなってるわよ!」


ミサト「紹介するわ、エヴァンゲリオン弐号機専属パイロット、セカンドチルドレン、惣流・アスカ・ラングレーよ」


アスカ(......噂のサード、フォースチルドレンは誰かしら?)


彡(゚)(゚)「エ......エエ.....エ.....!!」プルプル


彡(?)(?)「淫法!勃遁手裏剣の術!!エチチチチチチチチチ!!(手裏剣を投げる音)」ドピュルルルルルル!!


ヒュゥゥゥゥ.....!!ピラッ....


シンジ 彡(?)(?) トウジ ケンスケ((((!!か....風でスカートが.....!!))))


バチィン!!(ビンタ×4)

213: 名無しさん@おーぷん 19/07/28(日)12:35:16 ID:6O9
淫法すこ

214: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/28(日)12:39:04 ID:OVI


トウジ「何すんのや!」ヒリヒリ...

シンジ(何で僕まで.....)ヒリヒリ.....

ケンスケ「カメラが.....」ヒリヒリ....

彡(^)(^)(パンツ見れた上にビンタ....もう思い残す事ないンゴ.....)ヒリヒリ.....


アスカ「見物料よ、安いもんでしょ!」


トウジ「なんやてぇ~?そんなもんこっちも見せたるわ!!」ボロンッ!!

彡(^)(^)「ワイも見せたるから見物料クレメンス!!」ボロンッ!!


アスカ「キャアッ!!何すんのよ!!」


バチィン!!(ビンタ×2)

215: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/28(日)13:10:20 ID:OVI


トウジ「........」ヒリヒリ....

彡(^)(^)(ありがとう....ありがとう....)ヒリヒリ....


アスカ「......で、噂のサードチルドレンとフォースチルドレンはどれ?まさか、今の…...!」

トウジ「」フルフル!

彡(^)(^)「はいはい!!フォースチルドレンはワイやで!!ゴフフwまさかセカンドチルドレンがこんな可愛い女の子とは思いもしなかったンゴ、これからワイと仲良くしよや~グヘヘw」シコシコ!

アスカ「ハァ!?嘘でしょ!?こんな気持ち悪い奴がフォースチルドレンだってぇの!?ネルフの目も曇ったわね......」

ミサト「その子はワイ君って言うの、ま.....ちょっち色々事情があってね......んでもってこの子がサードチルドレンの碇シンジ君よ」

シンジ「........」

アスカ「フーン、冴えないわね」

216: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)20:52:09 ID:UYN
艦内......


艦長「おやおや、ボーイスカウト引率のお姉さんかと思っていたが、それはどうやらこちらの勘違いだったようだな」

ミサト「ご理解いただけて幸いですわ、艦長」

艦長「いやいや、私の方こそ久しぶりに子供たちのお守りができて幸せだよ」

ミサト「このたびはエヴァ弐号機の輸送援助ありがとうございます、こちらが非常用電源ソケットの仕様書です」スッ...

艦長「ハッ....大体この海の上であの人形を動かす要請なんぞ聞いちゃおれん」

ミサト「万一の事態に対する備えと理解していただけますか?」

艦長「その万一の事態に備えて、われわれ太平洋艦隊が護衛しておる、いつから国連軍は宅配屋に転職したのかな?」

副艦長「某組織が結成された後だと記憶しておりますが」

艦長「オモチャ一つ運ぶのにたいそうな護衛だよ、太平洋艦隊勢揃いだからな」

ミサト「エヴァーの重要度を考えると足りないくらいですが、ではこの書類にサインを」

艦長「まだだ!エヴァ弐号機および同操縦者はドイツの第3支部より本艦隊が預かっている、君らの勝手は許さん」

彡(^)(^)「老害イライラで草」

ミサト「ではいつ引き渡しを?」

副艦長「新横須賀に陸揚げしてからになります」

艦長「海の上は我々の管轄だ、黙って従ってもらおう」

ミサト「分かりました、ただし有事の際は我々ネルフの指揮権が最優先である事をお忘れなく」

トウジ「かっこえぇ~///」

シンジ「まるでリツコさんみたいだ....」

彡(^)(^)「顔も知能も完全敗北やけどな」


???「相変わらず凛々しいなぁ」


アスカ「あっ!///」

ミサト「ゲッ!あんたは.....!」メリメリ ギャァァァユルシテクレメンス

217: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)21:04:38 ID:UYN


アスカ「加持先輩!///」

加持「よっ」

艦長「加地君!君をブリッジに招待した覚えはないぞ!」

加持「それは失礼」スタスタ....

彡(゚)(゚)(誰やあのダンディな殿方は......カッコイイ.....///)ポッ!


ワイワイ!


艦長「チッ....子供が世界を救うというのか?」

副艦長「時代が変わったのでしょう、議会もあのロボットに期待していると聞いてます」

艦長「あんなオモチャにか?バカどもめ、そんな金があるならこっちに廻せばいいんだ!」

218: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)21:17:41 ID:UYN
エレベーター
 

ギュウ ギュウ....


シンジ「せまい.....」ギュウ.....

ミサト「なんであんたがここにいるのよ~!」ギュウ...

加持「彼女の随伴でね、ドイツから出張さ」ギュウ.....

ミサト「迂闊だったわ......十分考えられる事態だったのに!」ギュウ....

彡(^)(^)(これは故意やない、不可抗力や.....)ナデナデ.....

アスカ「キャッ!!あんた今あたしのおしり触ったでしょ!?」

彡(^)(^)「しゃーないやんけ、せまいんやから、グヘヘw」ナデナデ...

アスカ「触るな!!」バチィン!!

彡()()「アッーーー!!」ドッビポ!!

219: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)21:40:59 ID:UYN
艦内食堂......


加持「今、付き合ってる奴いるの?」

ミサト「それがあなたに関係あるわけ?」

加持「あれ?つれないなぁ.....君達は葛城と同居してるんだって?」チラッ

彡(^)(^)「せやで!」

シンジ「え、ええ.....」

加持「彼女の寝相の悪さ、直ってる?」

アスカ トウジ ケンスケ「「「えーーーー!!///」」」

ミサト「なっ.....なっ何言ってるのよ!!」ガシャーン!!

加持「相変わらずか?碇シンジ君、ワイ君」

シンジ「え....ええ.....」

彡(^)(^)「寝相どころか、性癖まで知り尽くしてるで!昨日なんかおねショタモノの雑誌見ながら自分のアナ.....」バキャッ!!

シンジ「あれ?どうして僕の名前を.....?」

加持「そりゃあ知ってるさ、この世界じゃ君達は有名だからね、ほぼ訓練なしで高いシンクロ率を誇るサードチルドレン、突如として現れた参号機に乗り込んでいたフォースチルドレン」

シンジ「いや、そんな…..偶然です…..」

加持「偶然も運命の一部さ、才能なんだよ、君の.....じゃ、また後で」ガタッ.....

シンジ「はい」


ミサト「冗談…...悪夢よこれは…...」ワナワナ

220: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)21:51:15 ID:UYN
デッキ.......


加持「どうだ、碇シンジ君は?」

アスカ「つまんない子、あんなのが選ばれたサードチルドレンだなんて、幻滅」

加持「しかし、初めての実戦で彼のシンクロ率は40を軽く超えてるぞ」

アスカ「うそぉ!」

加持「それから、あの面白い少年、ワイ君はどうだ?まさかこの時期にフォースチルドレンまでいるなんて予想外だったろ?」

アスカ「うぅ.......あいつの話はしないで.....蕁麻疹ができる......」ゾワワ.....

221: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)21:57:59 ID:UYN


トウジ「しっかし、いけ好かん艦長やったなぁ!」

ミサト「プライドの高い人なのよ、皮肉の一つも言いたくなるんでしょ」

彡(゚)(゚)「それを世間では老害と言います」

シンジ「にぎやかで面白い人ですね。加持さん」

ミサト「昔からなのよ、あのブァカ!!」


「サードチルドレン!」


シンジ「ん......?」


アスカ「ちょっと付き合って」

222: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)22:11:36 ID:UYN
格納庫......


シンジ「赤いんだ弐号機って、知らなかったな」

アスカ「違うのはカラーリングだけじゃないわ、所詮、零号機と初号機は開発過程のプロトタイプとテストタイプ、訓練無しのあなたなんかにいきなりシンクロするのがそのいい証拠よ」

アスカ「けどこの弐号機は違うわ、これこそ実戦用に作られた世界初の本物のエヴァンゲリオンなのよ、正式タイプのね」


ゴゴゴゴゴゴゴ!!


アスカ シンジ「!?」

シンジ「....なんだろ!?」

アスカ「水中衝撃波!爆発が近いわ…...!」

223: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)22:16:54 ID:UYN
デッキ.....


シンジ「あれは!」


ガギエル「キシャァァァァ!!」ザバァン!!


シンジ「まさか....使徒!?」

アスカ「あれが本物の....!」

シンジ「どーしよ.....ミサトさんのところに戻らなくっちゃ!」


アスカ「...........」

アスカ「チャーンス......!」ニヤ....

224: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)22:32:44 ID:UYN


艦内放送『各艦、艦隊距離に注意の上、回避運動!!』


副艦長「状況報告はどうした!」

無線『シンベリン沈黙!タイタス・アンドロニカス目標確認できません!』

艦長「くそぉ!何が起こっているんだ!」

ミサト「ちわー、ネルフですが見えない敵の情報と的確な対処はいかがっすかぁ?」ヒョコッ!

艦長「戦闘中だ!見学者の立ち入りは許可できない!」

ミサト「これは私見ですが、どう見ても使徒の攻撃ですねぇ」

艦長「全艦任意に迎撃!!」


ドドドドドドドドドドドド!!!!


ミサト「無駄なことを…....」

加持「この程度じゃ、A.T.フィールドは破れないか.........」

ミサト「しかしなぜ使徒がここに...…まさか弐号機.....!?」

225: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)22:49:35 ID:UYN
格納庫......


彡(゚)(゚)(くそっ!!なんでシンジニキだけ呼ばれてワイは呼ばれへんのや!!)

彡(゚)(゚)(ムシャクシャするンゴ.....こうなったらここで待ち伏せて二人が来たら脅かしてやるンゴ.....)

彡(^)(^)(ビビるシンジニキを見せて幻滅させたるで、覚悟しいやw)


タタタッ!


彡(゚)(゚)(誰か来る!)ササッ!


アスカ「.......」キョロ キョロ


彡(゚)(゚)(あれはセカンドの子や.....!あれ?なんでシンジニキが一緒やないんや.....?)


アスカ「........」ヌギッ


彡(?)(?)ブッッッ!!!!


アスカ「.........」ヌギヌギ....


彡(?)(?)(なんで服を.....!?もっと近づかなければ!)鼻血ドボボボ


ハァ......ハァ......


アスカ「..........ん?」


彡(●)(●)ハァ-....ハァ-.....


アスカ「き.....きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!なんでアンタがここにいんのよ!!!!」ゲシッ!!

彡()()「グエーしんだンゴ」バタンキュ-

アスカ「.....たく、男の子ってどうしてこうバカでスケベなのかしら!」

226: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)22:56:14 ID:UYN


艦長「なぜ沈まん!」

トウジ「やっぱエヴァやないと、勝てへんなぁ~」

艦長 副艦長「.......」キッ!

トウジ「ヒェ....!」





アスカ「さあ、行くわよ」

シンジ「へ?」

アスカ「あんたも!来るのよ!」

227: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)23:15:40 ID:UYN


シンジ「ねーぇ!プラグスーツに着替えてどーすんだよ!」

シンジ(お揃いのプラグスーツなんてトウジ達に見られたりでもしたら....)

アスカ「あんたバカぁ?決まってるじゃない!弐号機であれをやっつけるのよ!」

シンジ「そんなぁ、ミサトさんの許可は?」

アスカ「勝った後に貰えばいいのよ!」ガコン....

アスカ「さ、あたしの見事な操縦、目の前で見せてあげるわ!ただしジャマはしないでね!」ストン!

シンジ「うぅ......」ストン!

彡(^)(^)「お手並み拝見やでー」ストン!


アスカ シンジ「..........」


アスカ「なんでアンタがここにいんのよ!!」ゲシッ!!

彡()()「ブヒィwだってワイ女子の部屋入った事あらへんから一度ぐらい入らせてくれてもええやろ!?」

アスカ「早く出て行きなさいよ!!この.....!」ググッ....!

彡()()「ンゴゴゴゴゴ....!」

シンジ「もうエントリープラグも閉まっちゃったし時間がないから早く起動しようよ!僕らは邪魔しないで大人しくしてるから、ね?」

アスカ「......もう!仕方ないわね!絶対に邪魔しないでよ!」

彡(^)(^)「御意!」

228: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)23:20:56 ID:UYN


ガギエル「キシャァァァァ!!」ザバザバ!!


ミサト「変ね…...まるで何かを探しているみたい…...」


加持「こんな所で使徒襲来とは、ちょっと話が違いませんか?」

ゲンドウ『そのための弐号機だ、予備のパイロットも追加してある、最悪の場合君だけでも脱出したまえ』

加持「......分かってます」

229: 名無しさん@おーぷん 19/07/29(月)23:22:54 ID:0E2
ミサトさんのキスシーンになったら呼んで

230: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)23:33:02 ID:UYN


アスカ「L.C.L. Fu"llung, Anfang der Bewegung Anfang des Nerven anschlusses.Ausulo"sung von Rinkskleidung.Synchro-Start.」

ビーッ!ビーッ!

シンジ「バグだ!どうしたの?」

アスカ「思考ノイズ!ジャマしないでって言ったでしょ!?」

シンジ「なんで?」

アスカ「アンタたち日本語で考えてるでしょ!?ちゃんとドイツ語で考えてよ!」

シンジ「分かったよ…....バウムクーヘン?」

アスカ「バカ!!」

彡(゚)(゚)「Mit jemandem Sex haben.」

アスカ「キモッ!!アンタは喋んないで!!」ゾワワ....

アスカ「.....いいわよもう!思考言語切り替え!日本語をベーシックに!」


アスカ「エヴァンゲリオン弐号機、起動!」

231: ■忍【LV3,グール,GN】 19/07/29(月)23:46:13 ID:UYN


無線『オセロウより入電!エヴァ弐号機起動中!!』

艦長「なんだと!?」

ミサト「ナイス!アスカ!」

艦長「いかん!起動中止だ!元に戻せ!」グイッ!

ミサト「かまわないわアスカ!発進して!」グイグイッ!

艦長「なんだと!?エヴァおよびパイロットは我々の管轄下だ!勝手は許さん!」グイグイグイッ!

ミサト「何言ってんのよこんな時に!段取りなんて関係ないでしょ!」グイグイグイグイッ!


ギャ-!ワ-!


副艦長「しかし本気ですか?弐号機はB装備のままです!」

ミサト 艦長「「えっ!?」」


シンジ「海に落ちたらやばいんじゃない?」

アスカ「落ちなきゃいいのよ」

彡(^)(^)「ワイはここで死ねるなら本望やで~」


ミサト「シンジ君も乗ってるのね!」


シンジ「はい!」

彡(^)(^)「ワイもワイも!」キャッキャッ


ミサト「.......ワイ君もなのね........」

艦長「子供が3人…....!」

ミサト(試せる.....か......!)


ミサト「アスカ!出して!!」

233: ■忍【LV4,グール,GN】 19/07/31(水)22:33:00 ID:rxu


ガギエル「キシャァ!!」ザバババ!!


シンジ「来た!」

彡()()「ヒェッ!」

アスカ「行きます!」バッ!!


ズシィン!!


アスカ「どこ!?」

シンジ「あっち!後58秒しかないよ!」

アスカ分かってる!ミサト!非常用の外部電源を甲板に用意しといて!」


ミサト「わかったわ!」

艦長「何をするつもりだ!?」


アスカ「さあ!跳ぶわよ!」

シンジ 彡(゚)(゚)「跳ぶ?」


バッ!! ズシィン!!バッ!!ズシィン!!


甲板員「うわぁぁぁぁぁぁ!!」「戦艦から戦艦へ飛び移ってくるぞ!!」「逃げろぉ!!」


アナウンス『予備電源出ました!』

アナウンス2『リアクターと直結完了!』

甲板員「飛行甲板待避!!」ダダダ!!

甲板員「エヴァ着艦準備よし!!ひぇぇぇぇ!!」ダダダ!!


副艦長「総員、耐ショック姿勢!!」

艦長「デタラメだ!!」

234: ■忍【LV4,グール,GN】 19/07/31(水)22:58:52 ID:rxu


アスカ「エヴァ弐号機、着艦しまーす!!」

シンジ 彡(。)(;)「「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」」


ズシィィィィンッッッ!!!!


ケンスケ「あぁぁ.....Mi-55D輸送ヘリがぁ.....もったいなぁ~~~い.....!」

アナウンス『目標、本艦に急速接近中!!』

ガギエル「シャァァァァ!!」グワァッ!!

シンジ「来るよ!!左舷9時方向!!」

アスカ「外部電源に切り替え...…切り替え終了!」ガチャッ

シンジ「でも、武装が無い!」

アスカ「プログナイフで十分よ!」シャキン!

ガギエル「シャァァァァ!!」グワァッ!!

シンジ「結構でかい!!」

アスカ「思った通りよ!」

彡(。)(;)「ヒェェ!!もういやや!!家に帰してクレメンス!!」

艦長「どうするつもりだ!?」

ミサト「使徒を倒すには近接戦闘がベストです!」

ズシィィィィン!!!!

弐号機「」グググ.....!


ミサト「アスカ!よく止めたわ!」

艦長「冗談じゃない!飛行甲板がめちゃめちゃじゃないか!!」

弐号機「」ズルッ!!

ドッボォォォンッ!!

艦長「落ちたじゃないか!!」

235: ■忍【LV4,グール,GN】 19/07/31(水)23:21:31 ID:rxu


ミサト「アスカ!B型装備じゃ水中戦闘は無理よ!」

アスカ「そんなのやってみなくちゃわかんないでしょ?」


ミサト「ケーブルの長さは!?」

副艦長「残り1200!!」

艦長「どうするんだね!?」

ミサト「何とかなります!」


彡(;)(;)「ああ神様仏様阪神様、どうかワイの命だけはお助けを.....」ガクガクガク

アスカ「てかワキ臭!!アンタちゃんと洗ってるの!?」

彡(^)(^)「ちゃんと洗っとるで!3週間前ぐらい前にちゃんと風呂に入ったンゴ!」


アスカ「...........」


アスカ「アンタやっぱ出て行きなさいよ!!今すぐ!!」グググ!!

彡(。)(;)「無理に決まっとるやろ!!今このタイミングで出たら海の藻屑やんけ!!やめてクレメンスーーー!!」ジタバタ!!

シンジ「こんな時に何やってるんだよ二人とも!!ただでさえ狭いんだから暴れないでよ!!」


ミサト「アンタたち馬鹿な事やってないで早く衝撃に備えなさい!!ケーブルがなくなるわ!!」





ガゴンッッッッ!!!!

236: ■忍【LV4,グール,GN】 19/07/31(水)23:33:31 ID:rxu


アスカ「.......しまった!!アンタが馬鹿な事するせいで使徒を見失ったじゃない!!」ポカポカ!!

彡(^)(^)「あッ!ウグッ!ギモヂイッ!」ムクムクビ-ン!


アナウンス『エヴァ!目標を喪失!!』


加持「おーい葛城ぃー!」

ミサト「加~持ぃ~!!」

加持「届けもんがあるんで俺先に行くわぁ~!........出してくれ、じゃ、よろしくー葛城一尉ぃ~!」

トウジ「逃げよった…...」


アナウンス『目標、再びエヴァに接近中!!』


ガギエル「キシャァァァァ!!」ザバババ!!

237: ■忍【LV4,グール,GN】 19/07/31(水)23:41:36 ID:rxu


シンジ「また来た!!」

アスカ「今度こそ仕留めてやるわ!」


弐号機「」


アスカ「何よ!動かないじゃない!!」

シンジ「B型装備じゃねぇ…...」

アスカ「どうすんのよ!」

シンジ「どうするって…....」

アスカ「だらしないのね!!サードチルドレンのくせに!!」


ガギエル「グォォ!!」ガバァッ!!


シンジ「来た!!」

アスカ 彡(。)(;)「「口ぃッ!?」」

シンジ「使徒だからねぇ…....」


バクンッ!!


シ・ア・ワ「「うわぁぁぁぁぁぁ!!!!」」

238: ■忍【LV4,グール,GN】 19/07/31(水)23:51:02 ID:rxu


アナウンス『エヴァ弐号機、目標体内に侵入!!』

トウジ「......それって食われたんとちゃうか?」


ガギエル「」ビチビチ!!


トウジ「こりゃまるで釣りやな…...」

ミサト「釣り......!そう!釣りだわ!!」


シンジ「これじゃピンチに逆戻りだ!!」

アスカ「うっさいわねぇ!いつまで乗ってんのよエッチ!」

シンジ「でも何とか離れないと…...!」


ミサト「アスカ!聞こえる!?絶対に離さないでね!!」


アスカ シンジ「「え?」」


ミサト「艦長」

艦長「なんだ?」


ミサト「ご協力をお願いします」

240: ■忍【LV4,グール,GN】 19/07/31(水)23:56:38 ID:rxu


艦長「生き残った戦艦2隻による0距離射撃!?」

ミサト「そうです、アンビリカルケーブルの軸線上に無人の戦艦2隻を自沈させ、罠をはります。
その間にエヴァ弐号機が目標の口を開口、そこへ全艦突入し艦首主砲塔の直接砲撃の後、さらに自爆、目標を撃破します」

艦長「そんな無茶な!!」

ミサト「無茶かもしれませんが無理ではないと思います」

艦長「......わかった」


アナウンス『総員退艦!繰り返す!総員退艦!各フリゲートは漂流者の救助を急げ!」


艦長「しかし、エヴァはどうする?」

ミサト「心配ありません、あの3人でしたら」

241: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/01(木)00:04:29 ID:t5z


アスカ「ちょっとあんた!人の弐号機勝手に動かさないでよ!」ポカポカ!!

シンジ「いてて!」


ミサト「3人とも!作戦内容いいわね!」


シンジ「何とかやってみるよ!」


ミサト「頼むわ!」


彡(゚)(゚)「.......シンジニキ」

シンジ「なに!?この忙しい時に!」


彡(;)(;)「.......おしっこ」

242: 名無しさん@おーぷん 19/08/01(木)00:05:49 ID:xfV
アカン(アカン)

243: 名無しさん@おーぷん 19/08/01(木)00:05:59 ID:cyy
これはアカン

244: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/01(木)00:09:24 ID:t5z


アスカ「ハァ!?」

シンジ「我慢してよそれぐらい!」


彡(;>)(<;)「もう限界!!漏れちゃう!!」


アスカ「アンタもしもここで漏らしたりしたらホントに殺すわよ!?」

シンジ「お願いワイ君!!もうすぐで終わるからなんとか堪えて!!ここで漏らしたら本気でシャレにならない!!」

245: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/01(木)00:15:20 ID:t5z


アナウンス『全艦キングス弁を抜きました!Z地点に対し沈降開始!』


ミサト「了解!ケーブルリバース!!」


ガギエル 弐号機「」グイイイイイ!!


アナウンス『エヴァ!浮上開始!!接触まで後70!!」


アスカ「ちょっとアンタ!!早く口をこじ開けなさいよ!!」

シンジ「やってるよ!!」

彡(。)(;)「はよ!!はよ!!」

246: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/01(木)00:22:25 ID:t5z


アナウンス『接触まで後60!!』


ミサト「使徒の口は!?」

艦長「まだ開かん!!」


アナウンス『戦艦2隻、目標に対し沈降中!!エヴァ浮上中!!接触まで後50!!』


ガギエル 弐号機「」グイイイイイイ!!


シンジ「ダメだ!!」

アスカ「もう時間が無いわ!!」

彡()()「もう限界や......」


アナウンス『目標はテンペストの艦底を通過!!』


ミサト「間に合わないわ!!早く!!」

247: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/01(木)00:30:37 ID:t5z


アナウンス『接触まで後20!!』


弐号機「」ググググ.....!!


アナウンス『接触まで後15!!』


弐号機「」ググググ......!!


シンジ アスカ 彡(。)(;)「「「開け!!開け!!開け!!開け!!(涙目)」」」


ガコンッ!!


艦長「開いた!!今だ!!」


ミサト「撃てぇーーー!!」


戦艦二隻「」ズドドドドドドド!!!!


ガギエル「キシャァァァァ!!!!」ドガァァァァァァァン!!!!

248: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/01(木)00:33:45 ID:t5z


ミサト「や.......!」


全員「やったぁぁぁぁぁ!!」「使徒をせんめつしたぞーーー!!」「助かったんだ!!」


艦長「まったく....ヒヤヒヤしたぞ」フゥ....

249: 名無しさん@おーぷん 19/08/01(木)00:34:17 ID:8XP
膀胱もひらいてそう

250: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/01(木)00:41:51 ID:t5z


アスカ「やった......初めて使徒を倒した.......!」

シンジ「よかった.....これで一安心だね.......」





シンジ アスカ「.........!!」バッ!!





アスカ「ちょっと!!アンタ大丈夫なの!?」

シンジ「エントリープラグを排出して!!ワイ君!大丈夫!?早くトイレに行こう!!ワイ君!?」





彡(゚)(゚)





彡(^)(^)

251: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/01(木)00:48:33 ID:t5z





ジョボボボボボジョロロジョボリチョロチョロリンボチョボチョジョルノジョバァナジョボボボボボチョロチョロ.......

252: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/01(木)00:56:32 ID:t5z


アスカ シンジ「「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」」


彡(^)(^)「あースッキリしたンゴ」


アスカ「ちょっとアンタ!!!!自分が何したかわかってんの!!??あぁぁぁぁぁぁぁぁ嫌ァァァァァァァァァ!!!!」ガクガクガク....


シンジ「ん.......?なんか白い物体が漂ってるけど.............まさか!!」


彡(゚)(゚)「すまンゴ......アスカたそがいる空間で放尿したと思うと興奮してきてつい............」





シンジ アスカ「「あ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"!!!!」」

253: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/01(木)01:02:52 ID:t5z
ネルフ本部.........


加持「いやはや、波乱に満ちた船旅でしたよ、やはり、これのせいですか?」コト.....

加持「既にここまで復元されています、硬化ベークライトで固めてありますが、生きてます、間違いなく」

加持「人類補完計画の要ですね」

ゲンドウ「そうだ、最初の人間『アダム』だよ」

254: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/01(木)01:11:40 ID:t5z
翌朝 教室........


トウジ「ほーんま、顔に似合わずいけ好かん女やったなー」

ケンスケ「ま、俺たちはもう会うことも無いさ」

トウジ「センセエとワイは仕事やからしゃーないわなぁ、同情するでほんま..........ってえ!?」

ケンスケ「.......!?」

シンジ「.........!!」

彡(?)(?)「エッッッッッ!!!!」





アスカ「惣流・アスカ・ラングレーです!よろしく!」ニコッ!

255: 名無しさん@おーぷん 19/08/01(木)03:29:18 ID:y53
酷すぎるけど、好き

257: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)08:00:16 ID:bQd
学校......


「おい、見たかよ!」

「見た見た!」

「何が?」

「知らねーのか?あの外人!」

「外人?」

「2年A組に転校してきたんだよ!先週!」

「グーだよなぁ!」

「惣流・アスカ・ラングレーって言うんだってさ!」

「マジにかわいいじゃん!」

「帰国子女だろ?やっぱ進んでんのかなぁ?」

「バカ言え、きっとドイツでつらーい別れがあったんだ、見知らぬ土地で傷ついた心も癒せずにいるんだよ!」

「「おおーーー!!」」


ケンスケ「あーあ、猫も杓子もアスカ、アスカかぁ…....」

トウジ「みな平和なもんや、写真にあの性格はあらへんからなぁ」

258: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)08:10:38 ID:bQd


アスカ「Hallo!シンジ!Guten morgen!」

シンジ「グ、グーテンモルゲン…....」

アスカ「まぁた、朝から辛気臭い顔してェ、このあたしが声かけてんのよ!ちったぁ嬉しそうな顔しなさいよ」デコピン!

彡(゚)(゚)「アスカたそ、ワイには話しかけてくれないの.....?」

アスカ(学校ではあたしに話しかけてこないでって言ってるでしょ!アンタみたいなキモい奴と関わりがあるって知られたら生き恥だわ)ヒソヒソ....

彡(ノ)(?)「........」シュン....

アスカ「で、ここにいるんでしょ?もう一人」

シンジ「誰が?」

アスカ「あんたバカぁ?ファーストチルドレンに決まってるじゃない!」

シンジ「ああ、綾波なら…....」

259: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)08:17:53 ID:bQd


アスカ「Hello!あなたが綾波レイね、プロトタイプのパイロット」ザッ.... 

レイ「..........」

アスカ「あたしアスカ!惣流・アスカ・ラングレー!エヴァ弐号機のパイロット、仲良くしましょ?」

レイ「どうして?」

アスカ「その方が都合がいいからよ、いろいろとね」

レイ「命令があれば、そうするわ」

アスカ「......変わった子ね」


トウジ「ほんま、エヴァのパイロットって変わり者が選ばれるんちゃうか?」

260: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)08:41:56 ID:bQd
そして.........


イスラフェル「........」ズシン....ズシン.....


アスカ「あーあ、日本でのデビュー戦だって言うのにどーしてあたし一人に任せてくれないのぉ?」

シンジ「仕方ないよ、作戦なんだから」

彡(;)(;)「なんでワイだけ初号機と弐号機の後方支援なんや......ワイもアスカたそと一緒に戦いたいンゴ」シクシク....

アスカ「言っとくけど、くれぐれも足手纏いになるようなことはしないでね!」

シンジ「う、うん…..」

アスカ「なんであんな奴らがパイロットに選ばれたの?」


イスラフェル「........」ズシン.....ズシン......


アスカ「2人掛かりなんて卑怯でやだな、趣味じゃない」


ミサト「私たちに選ぶ余裕なんてないのよ、生き残るための手段をね」


イスラフェル「........」ズシン!


シンジ「来た!!」


ミサト「攻撃開始!!」


アスカ「じゃ、私から行くわ!アンタたち援護してね!」 バッ!!

シンジ「援護!?」

アスカ「レディーファーストよ!」

彡(^)(^)「はぁい?」

シンジ「ちぇ、後から来たくせに仕切るなよな…...」

261: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)08:48:41 ID:bQd


アスカ「行ける!!」ズシンズシン!!


アスカ「やぁーーーーー!!」


ズバッ!!


シンジ「お見事.......!」

アスカ「どう、サードチルドレン!戦いは、常に無駄なく美しくよ!」


イスラフェル×2「.......」


アスカ「嘘!?」

シンジ「分裂した!!」

ミサト「ぬゎんてインチキ!!」

262: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)11:18:23 ID:bQd


マヤ「本日午前10時58分15秒、2体に分離した目標甲の攻撃を受けた初号機は駿河湾沖合い2キロの海上に水没」

マヤ「同20秒、弐号機は目標乙の攻撃により活動停止」

マヤ「同25秒、参号機は敵前逃亡を図るも目標甲乙の攻撃を同時に受け、再起不能
この状況に対するE計画責任者のコメント」

リツコ「無様ね」

263: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)11:24:44 ID:ZUr
最低限逃げ癖さえなんとかなればね…

264: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)11:31:14 ID:bQd


アスカ「もぉ、あんたのせいでせっかくのデビュー戦が目茶目茶になっちゃったじゃない!!」

シンジ「何言ってんだよ!!惣流が間抜けなことしただけじゃないか!!」

アスカ「まぬけぇ~!?どうしてグズのあんたがそんなこと言えるのよ!!図々しいわねぇ!!」

シンジ「何だよ!!焦って倒そうとするから大変なことになるんだろ!!」

アスカ「何よあれ!!海の中でドザエモンみたいに!!だっさぁ~!!」

シンジ「自分だって人のこと言えないくせに!!」

彡(^)(^)「まあまあ二人とも、まさか使徒が分身するとは誰も思わへんやろ?喧嘩したってしゃーないし仲良くやってこ......」

シンジ アスカ「「うるさい!!!!」」

彡(;)(;)

265: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)11:44:28 ID:bQd


マヤ「午前11時3分をもって、NERVは作戦の遂行を断念、国連第2方面軍に指揮権を譲渡」

冬月「まったく恥をかかせおって!」

マヤ「同05分、N2爆雷により目標を攻撃」

冬月「また地図を書き直さなきゃならんな」

マヤ「構成物質の28%を焼却に成功」

アスカ「やったの?」

冬月「足止めに過ぎん、再度侵攻は時間の問題だ」

加持「ま、建て直しの時間が稼げただけでも儲けもんっすよ」

冬月「ハァ-....いいか君たち、君たちの仕事は何だか分かるか?」

アスカ「EVAの操縦」

冬月「違う!使徒に勝つことだ!このような醜態をさらすために我々NERVは存在しているわけではない!そのためには君たちが協力し合って…....」

シンジ アスカ「「なんでこんな奴と!!」」

冬月「もういい…....」ウィ--ン

アスカ「どうしてみんなすぐに怒るの!?」

彡(゚)(゚)「年寄りは前頭葉が衰えて若い頃よりも自制が効かなくなって短気になるんや、更年期障害なんかがそれやで」

加持「ハッハッハ!確かにそれもあるかもしれないが何よりも大人は恥をかきたくないのさ」

シンジ「あの、ミサトさんは?」

加持「後片付け、責任者は責任取るためにいるからな」

266: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)12:02:10 ID:bQd
葛城宅.......


シンジ 彡(゚)(゚)「「ただいまー......ってええ!?」」

シンジ「なんだこの荷物は!?」

アスカ「失礼ね、あたしの荷物よ!」

彡(?)(?)「アスカたそぉぉぉぉぉ!!」

アスカ「ゲッ....そういえばこいつもいたんだ」

シンジ「なんで惣流がここにいるんだよ?」

彡(?)(?)「まあまあシンジニキ!ええやんけ!アスカたそと一緒に暮らせるんやで!?こんなシチュエーションをワイは14年間夢見続けていたんや!!シュポポーーーー!!」

アスカ「は?何言ってんの?一緒に暮らすわけないじゃない」

彡(゚)(゚)「ファ?」

アスカ「あんたたち今日からお払い箱よ」

シンジ 彡(゚)(゚)「「えっ!?」」

アスカ「ミサトは私と暮らすの、まぁどっちが優秀かを考えれば当然の選択よね、ほんとは加持さんといっしょの方がいいんだけど」

アスカ「しっかしどうして日本の部屋ってこう狭いのかしら、荷物が半分も入らないじゃない」ポイ!ポイ!

シンジ「あぁ!!わぁぁー!!」

彡(。)(;)「あぁ!!ワイのぷいきゅあがー!!」

アスカ「おまけに日本人てどうしてこう危機感足りないのかしら?よくこんな鍵のない部屋で暮らせるわね、信じられない」

ミサト「日本人の心情は察しと思いやりだからよ」

シンジ「ミサトさん…..」

ミサト「お帰りなさ~い!さっそくうまくやってるじゃない!」

シンジ「何がですか?」

ミサト「今度の作戦準備」

シンジ アスカ「「どうして?」」

267: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)12:24:39 ID:bQd


ミサト「第7使徒の弱点は1つ、分離中のコアに対する二点同時の荷重攻撃、これしかないわ
つまり、初号機と弐号機、2体のタイミングを完璧に合わせた攻撃よ」

彡(;)(;)「またワイだけ仲間外れやんけ」シクシク....

ミサト「そのためには2人の協調、完璧なユニゾンが必要なの」

ミサト「そ・こ・で、あなたたちにこれから一緒に暮らしてもらうわ!」

シンジ・アスカ 彡(?)(?)「「「えぇ~!?」」」

アスカ「嫌よ!!昔から男女7歳にして同衾せずってね!!」

彡(?)(?)「アスカたそが入った後の浴槽の残り湯......アスカたそが座った後の便器の温もり......アスカたそが使った後の箸の唾液......全部ワイモンや!!誰にも譲らへん!!絶対にな!!」

アスカ「それにこんな気持ち悪い奴と寝食を共にしろってぇの!?冗談じゃないわ!!」

ミサト「使徒は現在自己修復中、第2波は6日後、時間がないの」

アスカ「そんな無茶な.....」

彡(^)(^)「これからは家族になるんや、つまりワイの嫁って事やな、末永くよろしくやで」ポン!

アスカ「触るな!!汚れる!!」ゲシッ!!

彡(^)(^)「あぁ~」

ミサト「そこで、無茶を可能にする方法、二人の完璧なユニゾンをマスターするためこの曲に合わせた攻撃パターンを覚え込むのよ!6日以内に1秒でも早く!」

シンジ アスカ「ハァ......」

アスカ「ぷいっ!」プイッ!

268: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)12:25:19 ID:Uod
めっちゃ長編

269: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)12:41:52 ID:bQd
そして.......


シンジ「わわっうわ!」ドテッ!

アスカ「何やってんのよ下手くそ!!」

トウジ ケンスケ ヒカリ ミサト「「はぁ~......」」

アスカ「このシンジに合わせてレベルを下げるなんてうまく行くわけないわ!どだい無理な話なのよ!」

ミサト「じゃ、やめとく?」

アスカ「他に人、いないんでしょ?」

ミサト「レイ」

レイ「はい」

ミサト「やってみて」

レイ「はい」スッ..... 
 

シンジ レイ「~~~♪」スタッ スタタンッ ステップステップ


アスカ「.........!」

トウジ ケンスケ ヒカリ「「おお!!」」

彡(●)(●)(パンツ見えた!!)

ミサト「これは作戦変更して、レイと組んだほうがいいかもね」

アスカ「........もうイヤッ!!やってらんないわ!!」ダッ!!

シンジ「あっ…!」

ヒカリ「アスカさん!」

トウジ「鬼の目ェにも涙や」

ヒカリ「い~か~り~く~ん!追いかけて!!」

シンジ「えっ....」

ヒカリ「女の子泣かせたのよ!!責任取りなさいよ!!」

彡(゚)(゚)(委員長 彼女の友達と同じぐらいのめんどくささで草)

270: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)12:46:32 ID:vSD
見とるぞ

271: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)12:53:38 ID:bQd
コンビニ......


シンジ「あの.....」

アスカ「何も言わないで!」

アスカ「分かってるわ、私はエヴァに乗るしかないのよ」

彡(゚)(゚)「..........」

アスカ「やるわ、私」


展望台.......


アスカ「こーなったら、何としてもレイやミサトを見返してやるのよ!」モグモグ!

シンジ「そんな、見返すだなんて…..」

アスカ「なぁ~に甘い事言ってんのよ!男の癖に!」ゴクゴク!

アスカ「傷付けられたプライドは、10倍にして返してやるのよ!」

シンジ「..........」

彡(゚)(゚)「.........」モチャモチャ....

272: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)13:03:06 ID:bQd


こうして、2人はユニゾンの訓練をかさね、着実に各々の動きを体に叩き込んでいった......

273: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)13:11:56 ID:bQd
そして決戦前夜......


アスカ「ミサトは?」

シンジ「仕事、今夜は徹夜だってさっき電話が」

アスカ「じゃあ今夜は二人っきりってわけね!」

彡(^)(^)「ワイもおるで」ヌッ

アスカ「ヒッ!来ないで!」

彡(;)(;)「そんなに嫌がることないやんけ」シクシク.....

アスカ「これは決して崩れる事のないジェリコの壁!」

シンジ「はぁ…....」

アスカ「この壁をちょっとでも越えたら死刑よ!子供は夜更かししないで寝なさい!」ピシャッ!


アスカ「どうして日本人は床の上で寝られるのかしら、信じらんない」

274: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)13:15:07 ID:ZUr
ここすき
no title

275: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)13:15:46 ID:onO
これ続いてたんやな

276: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)13:19:26 ID:bQd



シンジ「」ス-...ス-...

アスカ「」ス-...ス-...


彡(゚)(゚)(.......さて、2人とも寝静まったし、ミサトネキがいない今、ワイのやるべき事は1つや.........)ムクッ....

彡(゚)(゚)(ジェリコの壁とやらを超えて......下着を脱がせて.....じっくりとアスカたその女体をこのカメラにおさめてやるんや........グヘヘw)ソロ-リ.....ソロ-リ.....

ガララー!

彡(゚)(゚)(!!起きた!?やばい!!隠れなくては!!)ササッ!!

ガチャッ バタン!

彡(゚)(゚)(......なんやトイレか.......)

彡(゚)(゚)(トイレ........!?)ダッ!!

277: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)13:27:55 ID:bQd


チョロチョロチョロロ.....


彡(^)(^)(オホォ~!まるで川のせせらぎの如く上質な放尿音!!たまらンゴ!!)

フキフキ....クイッ ジャアアアアアア!

彡(゚)(゚)(用を足し終えたか!一時撤退や!!)ササッ!

ガチャッ バタン!

アスカ「...........」トッ...トッ....


彡(゚)(゚)(あれ?自分の部屋に戻らへんのか......?)


アスカ「........」バッ...


彡(●)(●)(ファッ!?なんでシンジニキと同じ布団で寝るんや!?)

278: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)13:38:27 ID:bQd


シンジ「............!!」ゴクッ....

アスカ「.........」スゥ-...スゥ.....

シンジ「..........」スッ....


彡(●)(●)(ファーーーーー!!あのムッツリクソホモ野郎!!起きとるやんけ!!しかも何ちゃっかりチューしようとしてんねや!!ワイの嫁やぞ!?)


シンジ(あと.....もう少し.......)グッ....

アスカ「.......マ......」

シンジ「........!」ピタッ!

アスカ「ママ.......」ポロ.....

シンジ「..........」


彡(゚)(゚)「..........」


シンジ「自分だって子供のくせに......」ボソ....


彡(゚)(゚)(最低や.....ワイって......)シコシコドピュッ!

279: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)13:51:59 ID:bQd
翌日.......


イスラフェル「.......」ズシン ズシン

青葉「目標は強羅絶対防衛線を突破!」

ミサト「来たわね、今度は抜かりないわよ!音楽スタートと同時にA.T.フィールドを展開!後は作戦通りに、2人ともいいわね?」


シンジ アスカ「「了解!」」


青葉「目標は山間部に侵入!」


アスカ「いいわね?最初からフル稼動、最大戦速で行くわよ!」

シンジ「分かってるよ、62秒でケリをつける!」


青葉「目標、0地点に到達します!」

ミサト「外電源、パージ!」


ミサト「発進!」

280: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)14:00:03 ID:bQd


~~~~♪

ズバッ!!

イスラフェル「」グググ...

~~~~?

イスラフェル×2「」

ドガァッ!!

~~~~?

イスラフェル「」ググ....

初号機 弐号機「」バッ!!


ネルフ職員たち「「おぉ.....!!」」


~~~~?


ドガァァァァァァァァァン!!!!

281: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)14:15:24 ID:bQd


マヤ「エヴァ両機、確認!」

ミサト「あっちゃぁ~.....」

リツコ「無様ね」


アスカ「ちょっと!あたしの弐号機に何てことすんのよ!」

シンジ「そんな!そっちが突っ掛かってきたんじゃないか!」

アスカ「最後にタイミング外したのそっちでしょ!普段からボケボケっとしてるからよ!昨日の夜だって寝ないで何してたの!?」

シンジ「きょっ.....今日の戦いのためのイメージトレーニングだよ!」

アスカ「嘘ばっかし!寝てるスキにあたしの唇奪おうとしたくせに!」

シンジ「ずるいよ!起きてたなんて!」

アスカ「ひっどぉ~い!冗談で言っただけなのにホントだったの!?キスしたのね!」

シンジ「してないよ!途中でやめたんだよ!」

アスカ「エッチ!チカン!ヘンタイ!信じらんない!」

シンジ「そっちこそ寝言と寝相が悪いのが悪いんじゃないか!」


ネルフ本部職員「はははははは!」

冬月「また恥をかかせおって…....」ハァ-....

彡(;)(;)「ワイは今回待機で出番全くなし.....絶対に次こそはレイたそとアスカたそにいいところを見せてやるンゴ.....」

282: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)14:39:40 ID:bQd
とある日.....


アスカ 彡(゚)(゚)「「えー!!修学旅行に行っちゃ駄目ぇ!?」」

ミサト「そ」

アスカ「どうして!」

ミサト「戦闘待機だもの」

アスカ「そんなの聞いてないわよ!」

ミサト「今言ったわ」

アスカ「誰が決めたのよ!」

ミサト「作戦担当のあたしが決めたの」

シンジ「」ズズ-...

アスカ「あんた!お茶なんかすすってないでちょっとなんか言ってやったらどうなの!男でしょ!」

彡(゚)(゚)「せや!修学旅行といえば合法的に女子の風呂を覗ける男子に与えられた一生に一度のチャンスなんや!!それを蔑ろにするなんてそれでも金玉ついとるんか!?」

シンジ「いや、僕は多分こういうことになるんじゃないかと思って…...」

アスカ「諦めてたってわけ?」

シンジ「うん」

アスカ「情けない、飼い慣らされた男なんてサイテー」

彡(゚)(゚)「やっぱりただの玉無し包茎野郎やな」

シンジ「そいう言い方はやめてよ」

283: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)14:45:38 ID:ZUr
精神攻撃は基本

284: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)14:50:57 ID:bQd


ミサト「気持ちは分かるけどこればっかりは仕方ないわ、あなたたちが修学旅行に行っている間に使徒の攻撃があるかもしれないでしょ?」

アスカ「いつもいつも待機、待機、待機、待機!いつ来るか分かんない敵を相手に守る事ばっかし!たまには敵の居場所を突き止めて攻めに行ったらどうなの!?」

ミサト「それができればやってるわよ、ま、二人ともこれをいい機会だと思わなきゃ、クラスのみんなが修学旅行に行っている間、少しは勉強ができるでしょ?
あたしが知らないとでも思ってるの?」バサッ....

シンジ「う…..」

ミサト「見せなきゃばれないと思ったら、大間違いよ、あなたたちが学校のテストで何点取ったかなんて情報くらい筒抜けなんだから、まぁワイ君については言う事は最早何もないけどね」

彡(^)(^)「いやぁ....」エヘヘ

アスカ「て事はアンタ成績いいの!?確かに言われてみればアンタみたいな見た目がキモい奴って大体勉強できるのよね、見せてみなさいよ!」ガサゴソ!


国語:2点
社会:11点
数学:0点
理科:8点
英語:1点


シンジ アスカ「........」

彡(^)(^)「頭いいと思った?残念!バカでしたー!!」キャッ キャッ


アスカ「......フッ.....フン、バッカみたい!学校の成績が何よ!旧態依然とした減点式のテストなんか何の興味もないわ!」

ミサト「郷に行っては郷に従え、日本の学校にも慣れてちょうだい」

アスカ「イーーーーーッだ!」

285: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)15:10:13 ID:uCZ
支援

286: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)15:19:43 ID:bQd
そして......


ヒカリ「アスカ!お土産買ってくるからね!」

ケンスケ「あぁー、二人とも残念だったなぁ!」

トウジ「お前らの分まで楽しんできたるわ!ナハハハハー!」


シンジ アスカ 彡(゚)(゚)「......」ショボ-ン

287: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)15:21:30 ID:jmI
さっきからjが無視されてても成り立つの草

288: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)15:36:08 ID:bQd
プールにて......


彡(^)(^)「シンジニキ!マリオ水中ステージごっこやろー!ワイがマリオでシンジニキがゲッソーやで!」

シンジ「僕は勉強やってるから、ワイ君先に遊んでて」

彡(゚)(゚)「そんなんやった所で将来使わへんし、この世界じゃ高学歴なんてなんの肩書きにもならなそうやんけ、頑張っても適当にやってもどうせいずれ死ぬんやから今の若いうちにパーっと遊んでおっさんになってから後悔して死のうで!」

アスカ「何してんの?」

彡(?)(?)「エッッッ!!!!」ブッ!!

シンジ「理科の勉強」

アスカ「.....ったく、お利口さんなんだから」

シンジ「そんな事言ったってやらなきゃいけないんだから…....ウッ!///」

アスカ「ジャーン!オキナワでスキューバーできないからここで潜るの!」

シンジ「そ、そう///」

彡(?)(?)「パターンシコ!エッチです!」シコシコ!

289: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)15:48:07 ID:bQd


アスカ「どれどれ、何やってんの?ちょっと見せて...…この程度の数式が解けないの?」カタカタ...

アスカ「はいできた、簡単じゃん」

シンジ「どうしてこんな難しいのができて学校のテストが駄目なの?」

アスカ「問題に何が書いてあるのか分からなかったのよ」

シンジ「それって日本語の設問が読めなかったって事?」

アスカ「そ、まだ漢字全部覚えてないのよね、向こうの大学じゃ習ってなかったし
で、こっちのこれはなんて書いてあるの?」

シンジ「あ、熱膨張に関する問題だよ」

アスカ「熱膨張?幼稚な事やってるのね、とどのつまり物ってのは暖めれば膨らんで大きくなるし冷やせば縮んで小さくなるって事じゃない」

シンジ「そりゃそうだけど.....」

アスカ「あたしの場合胸だけ暖めれば少しはおっぱいが大きくなるのかなぁ?」

彡(^)(^)「せやで!せやからワイが暖めて育ててやるンゴ!あっ....ワイの参号機が熱膨張してきたンゴ」ムクムクビ-ン!

アスカ「キモっ.....シカトシカト....」

シンジ「そ、そんな事聞かれたってわかんないよ!///」

アスカ「つまんない男…...」テクテク....

彡(゚)(゚)「いかにも童貞って感じのリアクションで草」テクテク....

290: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)16:00:45 ID:bQd
そして......


サンダルフォン「」


シンジ「これが使徒?」

リツコ「そうよ、まだ完成体になっていない蛹の状態みたいなものね
今回の作戦は使徒の捕獲を最優先とします、できうる限り原形をとどめ生きたまま回収すること」

アスカ「できなかったときは?」

リツコ「即時殲滅、いいわね?」

シンジ アスカ レイ 彡(゚)(゚)「「はい」」

リツコ「作戦担当者は…..」

アスカ「はいは~い!私が潜る!」

シンジ(でも、また僕なんだろうな..…)

リツコ「アスカ、弐号機で担当して」

アスカ「はーい!こんなの楽勝じゃん!」

レイ「私は?」

マヤ「プロトタイプの零号機には、特殊装備は規格外なのよ」

リツコ「レイと零号機には本部での待機を命じます」

レイ「はい」

彡(^)(^)「はいはい!ならワイもレイたそと一緒に自宅...じゃなかった本部待機.....」

リツコ「ダメよ」ギロッ

彡()()「はい」

アスカ「残念だったわねぇ~、温泉行けなくて」

リツコ「A-17が発令された以上、すぐに出るわよ、支度して」

シンジ アスカ 彡(゚)(゚)「「はい!」」

291: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)16:06:05 ID:bQd


アスカ「ん?耐熱仕様のプラグスーツと言っても、いつものと変わらないじゃない」

リツコ「右のスイッチを押してみて」

アスカ「..........」ポチッ

ブクブクブク....


アスカ「いやぁーーー!何よこれぇ!」


彡(゚)(゚)(なんか産後太りみたいでエロいンゴね.....)


リツコ「弐号機の支度もできてるわ」

292: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)16:20:48 ID:bQd


弐号機「」プックリ


アスカ「いやぁぁぁ!なによこれぇ!」

リツコ「耐熱・耐圧・耐核防護服、局地戦用のD型装備よ」

アスカ「これがあたしの弐号機!?」

アスカ「......嫌だ!あたし降りる!こんなので人前に出たくないわ!こーいうのはシンジのほうがお似合いよ!」

加持「そいつは残念だな、アスカの勇姿が見れると思ってたんだけどな」ザッ...

アスカ「いやっ!///こんなださいの着て加持さんの前に出る勇気なんてないわ!」ササッ...

マヤ「困りましたねぇ…...」

リツコ「そうね.....」

彡(゚)(゚)「ならワイが.....」

シンジ「あの...…僕が…...」

彡(^)(^)「どうぞどうぞ!!」

シンジ「えぇ.....」

レイ「あたしが弐号機で出るわ」

アスカ「.......!」キッ!!

アスカ「あなたには私の弐号機に触ってほしくないの、悪いけど」

彡(^)(^)「ならワイが弐号機に乗って....グヘヘw」

アスカ「アンタだけは絶っっっっ対にイ・ヤッッッ!!!!」

彡(;)(;)

アスカ「こいつやファーストが出るくらいなら私が行くわ」


弐号機「」プックリ


アスカ「カッコ悪いけど我慢してね…...」

294: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)16:23:05 ID:Mc6
くっさいけど好き

295: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)16:30:18 ID:bQd


アナウンス「エヴァ初号機、弐号機、参号機、到着しました」

ミサト「三機はその場にて待機、レーザーの打ち込みとクレーンの準備、急いで」

日向「了解」

アスカ「あれ?加持さんは?」

ミサト「あのバカは来ないわよ、仕事無いもの」

アスカ「ちぇーっせっかく加持さんにもいいとこ見せようと思ったのに」

296: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)16:42:56 ID:bQd


シンジ「何ですか、あれ?」

リツコ「UNの空軍が空中待機してるのよ」

マヤ「この作戦が終わるまでね」

アスカ「手伝ってくれるの?」

リツコ「いいえ、後始末よ」

マヤ「私たちが失敗したときのね」

アスカ「どういう事?」

リツコ「使徒をN2爆雷で熱処理するのよ、私たちごとね」

アスカ「ひっどぉーい!」

彡()()「ヒェッ......あの、ワイちょっと急に性欲が滾ってきたのでレイたそと本部で待機します.....ほな.....」ササ-ッ

アスカ「逃げるな!!アンタも道連れよ!!」ガシッ!

彡(。)(;)「いやだぁぁぁぁぁ!!いやだぁぁぁぁぁぁ!!ぎゃわわぁぁぁぁぁん!!」ジタバタ!!

アスカ「暴れるな!!情けないわね!!男のくせに!!」

シンジ「そんな命令、誰が出すんですか!?」

リツコ「碇司令よ」

シンジ「..........!」

彡(。)(;)「あのロリコンリョナ変態親父がぁぁぁぁぁぁ!!生きて帰ったらワイの白濁精液拳を喰らわせたるからなぁぁぁぁぁ!!」ジタバタ!!

297: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)16:58:53 ID:bQd
作戦開始時刻.....


アナウンス「レーザー、作業終了!」

アナウンス「進路確保!」

アナウンス「D型装備、異常無し!」

日向「弐号機、発進位置!」

ミサト「了解、アスカ、準備はどう?」


アスカ「いつでもどうぞ!」


ミサト「発進!」


ゴゴゴゴ.....


アスカ「うっわぁ~、あっつそぉ~!」


マヤ「弐号機、溶岩内に入ります!」


アスカ「見て見てシンジ!」


シンジ「?」


アスカ「ジャイアントストロングエントリー!」ドボン!


シンジ「はぁぁ…..」

彡(^)(^)「はぁ~かわええんじゃ~」

298: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)17:08:43 ID:bQd


アスカ「現在深度170、沈降速度20、各部問題なし、視界は....…ゼロ
何にも分かんないわ、CTモニターに切り替えます」

アスカ「これでも透明度120か…...」


マヤ「深度、400、450、500、550、600、650......900、950、1000、1020、安全深度、オーバー」

マヤ「深度1300、目標予測地点です」

ミサト「アスカ、何か見える?」


アスカ「反応なし、いないわ」


リツコ「思ったより対流が早いようね」

日向「目標の移動速度に誤差が生じています」

ミサト「再計算急いで、作戦続行、再度沈降よろしく」

日向「え......!?」

マヤ「深度、1350、1400」

オペレーター「第2循環パイプに亀裂発生」

マヤ「深度1480、限界深度オーバー!!」

ミサト「目標とまだ接触していないわ。続けて、アスカ、どう?」


アスカ「まだ持ちそう、さっさと終わらせてシャワー浴びたい」


ミサト「近くにいい温泉があるわ、終わったら行きましょ、もう少しがんばって!」

彡(゚)(゚)「汗ならワイが舐め取ったるからな、頑張るンゴ!」

299: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)17:13:18 ID:bQd


マヤ「限界深度、プラス120!」


ガゴン...!


アスカ「!!」


オペレーター「エヴァ弐号機、プログナイフ喪失!」

マヤ「限界深度、プラス200!!」

日向「葛城さん!!もうこれ以上は!!今度は人が乗っているんですよ!!」

ミサト「この作戦の責任者は私です、続けてください」


アスカ「ミサトの言う通りよ、大丈夫、まだいけるわ」


マヤ「深度、1780、目標予測修正地点です」


サンダルフォン「」


アスカ「いた.......!」

300: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)17:19:07 ID:bQd


日向「目標を映像で確認!」

ミサト「捕獲準備!」

リツコ「お互いに対流で流されているから接触のチャンスは一度しかないわよ」


アスカ「分かってる。任せて!」


日向「目標接触まで、後30!」


アスカ「相対速度2.2、軸線に乗ったわ」

アスカ「電磁柵展開!問題なし!」チャキッ......


ガシッ!


アスカ「目標、捕獲しました!」


日向「はぁ~.....」

ミサト「ナイス、アスカ!」


アスカ「捕獲作業終了、これより浮上します!」

301: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)17:23:47 ID:bQd


シンジ「アスカ、大丈夫?」

彡(゚)(゚)「肝を冷やしたで....」シナシナ....


アスカ「あったり前よ!案ずるより生むが易しってね、やっぱ楽勝じゃん?
でもこれじゃプラグスーツと言うよりサウナスーツよ、あぁ、早いとこ温泉に入りたい」


リツコ「緊張がいっぺんに解けたみたいね」

ミサト「そう?」

リツコ「あなたも今日の作戦、恐かったんでしょ?」

ミサト「まぁね、下手に手を出せばあれの二の舞ですものね」

リツコ「そうね、セカンドインパクト......二度とごめんだわ」

302: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)17:39:09 ID:bQd


サンダルフォン「」ゴゴゴ.....


アスカ「え......!?」


サンダルフォン「グォォ....」ゴゴゴ....!


アスカ「何よこれぇー!!」


リツコ「まずいわ!羽化を始めたのよ、計算より早すぎるわ!」

ミサト「キャッチャーは!?」

日向「とても持ちません!!」

ミサト「捕獲中止!!キャッチャーは破棄!!作戦変更、使徒殲滅を最優先、弐号機は撤収作業をしつつ戦闘準備!!」


アスカ「待ってました!」


サンダルフォン「キシャァァァァ!!」バギャァッ!!


アスカ「しまった!ナイフは落としちゃったんだわ......!
正面!!バラスト放出!!」バキッ!!


サンダルフォン「キシャァァァァ!!」グワァッ!!


アスカ「は、早い!!まずいわね、見失うなんて......おまけに視界は悪い、やたらと暑い、スーツがべったりしてて気持ち悪い!もぉ、サイテーね!」

303: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)18:03:35 ID:bQd


ミサト「アスカ!!今のうちに初号機のナイフを落とすわ!!受け取って!!」


アスカ「了解!!」


ピーーーーー!


アスカ「やばっ!!まだなのシンジ!!」


シンジ「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」ブンッ!!

ボチャンッ!!


オペレーター「ナイフ到達まで後40!!」

日向「使徒、急速接近中!!」


アスカ「嫌ぁ!!来ないでぇ!!」


サンダルフォン「キシャァァァァ!!」


アスカ「あーん!早く来てぇ!!」


サンダルフォン「グォォォォ!!」グワァッ!!


アスカ「もーぉ!遅い!!」ガシッ!


ガブッッッ!!


アスカ「しまった!!」

304: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)18:23:18 ID:bQd


リツコ「この状況下で口を開くなんて!」

マヤ「信じられない構造です!!」


アスカ「う....ぐっ....!」バキャッ!


マヤ「左足損傷!!」


アスカ「こんちきしょー!!」ガキィン!ガキィン!


リツコ「高温高圧!これだけの極限状態に耐えているのよ!プログナイフじゃ駄目だわ!」

日向「ではどうすれば!?」


シンジ「そうだ!!」

アスカ「さっきのやつ!」

アスカ「このぉぉぉ!!」ブシュゥゥゥゥ!!


リツコ「なるほど、熱膨張ね!」


彡(゚)(゚)「ほぇ!?つまりどういう事なんや!?理科8点のワイに教えて!エロい人!」


リツコ「加熱したコップを氷水の中に入れたら割れるのと原理は同じで使徒の硬い表皮を冷却液で急激に冷やすことによって温度差で表皮が脆くなってプログナイフが通りやすくなるのよ」


彡(^)(^)「はぇー!また一つ賢くなりました!」

305: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)18:28:59 ID:bQd


アスカ「冷却液の圧力をすべて三番にまわして!!早く!!」 ブシュゥゥゥゥ!!


チュィィィィィィィィ!!


サンダルフォン「キシャァァァァ!!」バラバラ.......


耐熱スーツ「」ベコンッ!!バキッ!!


ワイヤー「」ブチッ....!


アスカ「!!」


アスカ「せっかくやったのに......やだな......ここまでなの.......?」ゴボボ.....

306: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)18:33:15 ID:bQd


彡(゚)(゚)「アスカたそ!!今助けに行くで!!」ボチャ!

彡(;>)(<;)「ヒエエ!!やっぱり怖いンゴ!!」ザバァッ!!

シンジ「どいて!!」ドン!!

彡(。)(;)「シンジニキ!!」


シンジ「アスカァァァ!!」ドボォン!!

307: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)19:10:14 ID:zgI
イッチ今日は朝からずっと頑張ってるやん

308: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)19:17:03 ID:bQd


ガシッ!!


アスカ「......!!」


初号機「」ググッ.....


アスカ「バカ、無理しちゃって.....」ニコッ!





彡(●)(●)「ムキィィィィィィィィ!!!!
レイたそだけでなくアスカたそまでいい雰囲気になってるンゴォォォォォ!!!!何!?フラグ建てないと死ぬ病気にでもなってんの!?誠死ね!!」ブリブリブリブリュリュリュリュリュブツチチブチチチブリリリブブブリュリュリュ!!

309: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)19:29:31 ID:bQd
温泉にて......


宅配屋「ごめんくださーい!NERVの人いますかー?」

彡(^)(^)「はーい!」

宅配屋「ではここにサインをお願いします」

彡(゚)(゚)(ここはバントで確実に塁に出るんや......ええな?)サッ...サッ....

宅配屋「.....,いや、そのサインじゃなくて......ならハンコはお持ちでしょうか?」

彡(^)(^)「んもぅ!欲しがるンゴねぇ~!特別ンゴよ?///」ブッチュゥゥゥゥゥゥ....!

宅配屋「ぎゃぁぁぁぁぁ!!!!キスマークじゃねぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!シャチハタか認印押せやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

シンジ「サインなら僕が書きます!!」ダダッ!!

310: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)20:08:46 ID:bQd


宅配屋「どうも!!」バタン!!


シンジ「加持さんから?何だろう?」

ペンペン「クェー!」パカッ!

彡(^)(^)「なんやつば九郎やんけ」

ペンペン「クエー」キョロ キョロ

シンジ「風呂はそこを左だよ」

ペンペン「クエー!」バタバタバタ!

321: 名無しさん@おーぷん 19/08/07(水)15:52:19 ID:7Na
>>309
>>310
旅客機でミサイル打ち返しとかこことかの細かいやきうネタ好きやで

311: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)20:09:15 ID:bQd
カポーン!


シンジ「はぁ~ぁ、極楽極楽!風呂がこんなに気持ちいいものだなんて知らなかったなぁ…....」

彡(゚)(゚)「いやぁしかしいつ見てもシンジニキのちんこはデカいンゴねぇ、そんなに大きいとワイのアナルには入りきらへんで」ジィ.....

シンジ「ちょっ気持ち悪い事言わないでよ!」ササッ!


ミサト「シンジくーん!聞こえる~?」
 

彡(゚)(゚)「」ピクッ!

シンジ「は、はい!」


ミサト「ボディーシャンプー、投げてくれる?」

アスカ「持ってきたの、無くなっちゃった~」


シンジ「うん.....行く......」パシッ!

彡(゚)(^)(シー.....)

シンジ「..........」ハァ....


彡(^)(^)タッタッタッ!!

312: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)20:10:03 ID:bQd


ミサト「シンジくん何してるのかしら?」

アスカ「ちょっとシンジー!なにしてんのー!?このあたしを待たせる気ー!?早く石鹸投げなさいよ!」


シィン.....


ミサト アスカ「........?」


ドドドドドドド


ミサト「え......!?」


ドドドドドドドド!!


アスカ「何......!?」


ガララーッッッ!!!!





彡(●)(●)「 石 鹸 の お 届 け に 参 り ま し た ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ! ! ! ! 」ドドドドドドドド!!!!

313: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)20:11:07 ID:bQd


┏━━━━━┓
┃  /  \  ┃
┃/      \┃
┃ 彡(^)(゚) n.┃
┃..彡  と( E)┃
┃γ    y / ┃
┃/     |ヽノ ┃
┗━━━━━┛

314: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)20:11:44 ID:bQd



シンジ「.....声が聞こえなくなったけどワイくん何してんだろ.....」


ミサト「シンジくーん!聞こえる~?」


シンジ「は、はい!」


ミサト「ボディーシャンプー投げてくれる?」


シンジ「え.....?でもさっきワイ君が.....」


アスカ「あいつ、いなくなっちゃった~」


シンジ「うん...…行くよ!」


アスカ「りょーかい!」


シンジ「それっ」シュッ!


ポカッ!


アスカ「痛っ!バカねぇ!どこ投げてんのよ下手くそ!」


シンジ「う…ごめん」

315: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)20:12:26 ID:bQd


アスカ「もぉ、変なとこに当てないでよね~」

ミサト「どれどれ~?」

アスカ「あ、あん!///」

ミサト「あー、アスカの肌ってすっごくプクプクしてて面白ーい!」

アスカ「やーだ!くすぐったーい!」

ミサト「じゃ、ここはー?」

アスカ「キャハッそんなとこ触んないでよぉ!」

ミサト「いーじゃない!減るもんじゃないしぃ!」


シンジ「..........///」

ペンペン「?」

シンジ「わぁ!!///」ザバァ!!


シンジ「膨張してしまった...…恥ずかしい…...///」

彡(^)(^)「ひとりやないで」ムクムクビ-ン!

316: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/04(日)20:12:59 ID:bQd



アスカ「.........」チラッ....

ミサト「ああ、これね?セカンドインパクトの時ちょっち.........ね」

アスカ「……知ってるんでしょ、私のこともみんな.......」

ミサト「ま、仕事だからね…...お互いもう昔のことだもの、気にすること無いわ」

317: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)14:01:36 ID:sLS
ワイくんは今のところ全く役に立っていないけど、アラエルの時に鍵になりそうな気がするなぁ

精神汚染とか効かなさそう

318: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)14:10:35 ID:8bx
面白いじゃないか

322: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/07(水)20:36:34 ID:sym
とある日......


オペレーター 『はい、しばらくお待ちください』

ゲンドウ『なんだ?』

シンジ「あ、あの…....父さん…...」

ゲンドウ『どうした、早く言え』

彡(゚)(゚)「........」

シンジ「あぁ…...,あの....…実は今日、学校で進路相談の面接があることを父兄に報告しとけって、言われたんだけど…....」

ゲンドウ『そういう事はすべて葛城君に一任してある、下らんことで電話をするな!こんな電話をいちいち取り次ぐんじゃな......』プツン!

シンジ「ん?」

彡(゚)(゚)「どないしたんや?」

シンジ「いや、なんか突然電話が切れて....」

彡(^)(^)「さてはあのおっさんシンジニキに恐れをなして電話を切ったんちゃうか?」

シンジ「切られたというより切れたというか......」

355: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/07(水)20:42:31 ID:sym
ネルフ本部 エレベーター


ミサト「あら?」

加持「停電か?」

ミサトまさか、ありえないわ、変ねぇ事故かしら?」

加持「赤木が実験でもミスったのかな?」

356: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/07(水)20:50:02 ID:sym
ネルフ本部.......


マヤ「主電源ストップ、電圧0です」

オペレーターたち「........」ジィ....

リツコ「あ、あたしじゃないわよ......」

青葉「だめです、予備回線つながりません」

冬月「バカな!生き残っている回線は!」

オペレーター「全部で1.2%、2567番からの9回線だけです」

冬月「生き残っている回線はすべてMAGIとセントラルドグマの維持に廻せ!」

青葉「全館の生命維持に支障が生じますが…..」

冬月「構わん!最優先だ!」

358: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/07(水)20:59:52 ID:sym


アスカ「それは碇司令、本当に忙しかっただけじゃないの?」

シンジ「そっかなぁ....…途中で切ったって言うよりなんか故障した感じだったんだけど.....」

アスカ「もう!男の癖にいちいち細かいこと気にするのやめたら?」


シンジ「あれ?」スッ  

彡(゚)(゚)「ゲートが開かへんで」スッ

レイ「..........?」スッ

アスカ「何やってんの!ほら、替わりなさいよ!」スッ

アスカ「.......?」スッ スッ スッ

アスカ「もぉーっ!壊れてんじゃないのこれぇ!?」

359: 名無しさん@おーぷん 19/08/07(水)21:03:39 ID:cJI
11話のジブリ作画はいつ見てもキツい

360: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)18:24:53 ID:YaQ


リツコ「とにかく発令所へ急ぎましょ、7分たっても復旧しないなんて」


ミサト「ただ事じゃないわ」

加持「ここの電源は?」

ミサト「正・副・予備の3系統、それが同時に落ちるなんて考えられないわ」

加持「となると…...」


ゲンドウ「やはりブレーカーは落ちたと言うより落とされたと見るべきだな」

冬月「原因はどうであれ、こんな時に使徒が現れたら大変だぞ」

361: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)18:25:16 ID:YaQ


戦自「索敵レーダーに正体不明の反応あり!予想上陸地点は旧熱海方面!」


司令官1「おそらく、8番目の奴だ」

司令官2「ああ、使徒だろう」

司令官3「一応、警報シフトにしておけ、決まりだからな」

司令官1「どうせまた奴の目的地は第3新東京市だ」

司令官2「そうだな、俺達がすることは何も無いさ」


マトリエル「.........」ズシン ズシン


戦自1「使徒、上陸しました!」

戦自2「依然、進行中!」

司令官「第3新東京市は?」

戦自3「沈黙を守っています」

司令官「一体ネルフの連中は何をやってるんだ!」

362: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)18:25:43 ID:YaQ


アスカ「これも動かないわ」

レイ「どの施設も動かない。おかしいわ」

アスカ「下で何かあったってこと?」

レイ「そう考えるのが自然ね」

彡(^)(^)「停電とかワクワクするンゴね」

シンジ「とにかく、ネルフ本部へ連絡してみようよ」

363: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)18:26:09 ID:YaQ


レイ「駄目、連絡付かない」

アスカ「こっちも駄目、有線の非常回線も切れちゃってる」

シンジ「どうしよう…...」

レイ「.........」ペラ...

アスカ「!」スッ

シンジ「何してるの?」

アスカ「あんたバカぁ!?緊急時のマニュアルよ!」

彡(゚)(゚)「ファッ!?野糞した時に紙がなかったからそれでケツ拭いたンゴ.....どないしよう.......」

アスカ「.......呆れて物も言えないわ」

レイ「とにかく本部へ行きましょう」

アスカ「そうね、じゃあ行動を開始する前にグループのリーダーを決めましょ!」

シンジ「?」

アスカ「で、当然私がリーダー!異議無いわね?」

彡(^)(^)「はいはい!異議なしやで!」

シンジ レイ「........」

アスカ「じゃあ行きましょう!」

レイ「こっちの第7ルートから下に入れるわ」

アスカ「...........」

364: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)18:26:38 ID:YaQ


シンジ「でも、ドアは動かないんじゃ……手動…ドア…」

アスカ「ほらシンジ、あんたの出番よ」

シンジ「こんな時だけ.......人に頼るんだもんなぁ.....!」グググ....

365: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)18:26:57 ID:YaQ
ネルフ本部


冬月「このジオフロントは外部から隔離されても自給自足できるコロニーとして作られている、そのすべての電源が落ちると言う状況は理論上はありえない」

リツコ「誰かが故意にやったと言うことですね」

ゲンドウ「おそらくその目的はここの調査だな」

リツコ「復旧ルートから本部の構造を推測するわけですか」

冬月「シャクな奴等だ」

リツコ「MAGIにダミープログラムを走らせます、全体の把握は困難になると思いますから」

ゲンドウ「頼む」

リツコ「はい」

冬月「本部初の被害が使徒によるものではなく同じ人間にやられたものとは、やり切れんな」

ゲンドウ「所詮、人間の敵は人間だよ」

366: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)18:27:38 ID:YaQ


シンジ「いつもなら2分で行けるのに...…ここ、ほんとに通路なの?」カツン カツン

アスカ「あそこまで行けばきっとジオフロントに出られるわ」カツン カツン

シンジ「さっきから4回も聞いたよ、そのセリフ」カツン カツン

アスカ「あんたってほんと細かい男ね!つまんないことばっか拘ってさぁ!」カツン カツン

レイ「黙って」

アスカ「何よ、優等生!」

レイ「人の声よ」

アスカ「.......?」ピタ....


選挙カー『使徒、接近中!使徒、接近中!』


アスカ シンジ 彡(^)(^)「「日向さんだ!おぉーい!」」


日向『使徒、接近中!繰り返す!現在、使徒、接近中!」


アスカ シンジ「使徒接近!?」

彡(。)(;)「ファッ!?なんでエヴァがないこのタイミングで!?逃げようで!!」

アスカ「アンタ逃げる事しか能がないの!?ほんと情けない男ね!」

レイ「時間が惜しいわ、近道しましょう」

アスカ「リーダーは私よ!勝手に仕切らないで!.......で、近道ってどこ?」

367: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)18:28:02 ID:YaQ
空調ダクト.......


アスカ「いくら近いからって、これじゃカッコ悪すぎるわ…...」ズルズル....

彡(^)(^)「グヘヘ......目の前にアスカたそのケツが......」ズルズル....

アスカ「見るな!!」ゲシッ!ゲシッ!

彡()()「アウチ!アウチ!」

シンジ「ねぇ、使徒って何なのかなぁ?」ズルズル....

アスカ「何よ、こんな時に!」ズルズル....

シンジ「使徒、神の使い......天使の名を持つ僕らの敵......なんで戦うんだろう?」ズルズル....

アスカ「あんたバカぁ!?訳わかんない連中が攻めてきてんのよ!降りかかる火の粉は払い除けるのがあったりまえじゃない!」ズルズル......

368: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)18:28:25 ID:YaQ


彡(゚)(゚)「扉が2つ......」

アスカ「うーん、右ね」

レイ「私は左だと思うわ」

アスカ「うるさいわねぇ!」

彡(^)(^)「ワイは右やと思うで」

アスカ「誰もアンタに聞いてないでしょ、シンジはどうなのよ?」

シンジ「あの……どっちかな?」

アスカ「もう!私がリーダーなんだから黙って付いてくればいいのよ!」

369: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)18:28:49 ID:YaQ


シンジ「やっぱり変だよ、上り坂だよここ」カツン カツン

アスカ「やっぱりとは何よ、いちいちうるさい男ねぇ!」カツン カツン

アスカ「ほら、今度こそ間違いないわ」カツン カツン


アスカ「えーいッ!!」バタン!!


マトリエル「」ギョロ


アスカ「!!!!」バタン!!

アスカ「ハァ-....ハァ-....」

シンジ レイ 彡(゚)(゚)「........」

アスカ「.......使徒を肉眼で確認!これで急がなきゃいけないのが分かったでしょ?」

370: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)18:29:10 ID:YaQ


日向『現在、使徒接近中!直ちにエヴァ発進の要有りと認む!』

マヤ「大変!」

ゲンドウ「冬月、後を頼む」カツン...

冬月「碇!」

ゲンドウ「私はケイジでエヴァの発進準備を進めておく」

冬月「まさか手動でか?」

ゲンドウ「緊急用のディーゼルがある」


冬月「しかし…...パイロットがいないぞ......」

371: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)18:29:30 ID:YaQ


シンジ「まただ…....」

彡(゚)(゚)「また分かれ道かいな....新宿駅と同じぐらいダンジョンやなここ」

レイ「こっちよ」スタスタ...

アスカ「........」ムッ!

372: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)18:29:55 ID:YaQ


アスカ「あんた、碇司令のお気に入りなんですってね」

レイ「.......」

アスカ「やっぱ可愛がられてる優等生は違うわね」

シンジ「こんな時に、やめようよ」

アスカ「いつもすまし顔でいられるしさぁ…...」

レイ「........」

アスカ「........!あんた!ちょっと贔屓にされてるからって舐めないでよ!」

レイ「舐めてなんかいないわ、それに贔屓もされてない、自分で分かるもの」


彡(^)(^)(あぁ~キャットファイトいいゾ~これ)

373: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)19:14:40 ID:xxQ
完結まで頼むで

374: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)19:51:21 ID:YaQ
ネルフ本部 ケイジ......


作業員たち「よーいしょ!よーいしょ!よーいしょ!よーいしょ!」グググ....!

作業員「停止信号プラグ排出終了!」

ゲンドウ「よし、4機ともエントリープラグ挿入準備」

作業員「しかし、いまだにパイロットが....」

リツコ「大丈夫、あの子達は必ず来るわ」

375: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)19:58:39 ID:YaQ


シンジ「瓦礫の山.....これは手じゃ開けられないよ....」

レイ「仕方ないわ、ダクトを破壊してそこから進みましょう」

アスカ「ファーストって恐い子ね、目的のためには手段を選ばないタイプ、いわゆる独善者ね」ヒソヒソ.....

彡(^)(^)「でもそんな冷静で冷徹で冷酷なレイたそがワイは好きや.....あぁ......」ゾクゾク

376: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)20:03:36 ID:YaQ
ケイジ.......


作業員+ゲンドウ「よーいしょ!よーいしょ!よーいしょ!よーいしょ!」グググ....!


ガコン!


マヤ「プラグ、固定準備完了」

リツコ「後はあの子たちね.....」

377: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)20:08:20 ID:YaQ
ダクト.......


アスカ「ぜぇーったい!前見ないでよ!見たら殺すわよ!」

シンジ「え?」

アスカ「バカ!バカ!バカ!見るなって言ったでしょ!」ゲシッ!ゲシッ!ゲシッ!

シンジ「ぶっ!ぐっ!あっ!」

378: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)20:13:05 ID:YaQ


ムキ-!アスカタソノケツヲオガンダウエニアシゲニマデ!ウラヤマシケイ!

シカタナイダロ!マエミナイトススメナ....!


リツコ「何かしら?」

マヤ「上の方が騒がしいですね」


バキッ!!


シンジ アスカ 彡(。)(;)「「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!」」ズシィン!!

レイ「.......」スタッ!


リツコ「あんたたち......!」ニコッ....!

379: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)21:26:19 ID:LXc
追いついた
続き楽しみにしてるやで

381: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)21:43:34 ID:YaQ


ゲンドウ「各機、エントリー準備!」

作業員「了解、手動でハッチ開け!」


シンジ「エヴァは?」

リツコ「スタンバイできてるわ」

シンジ「何も動かないのに…?」

リツコ「人の手でね、司令のアイディアよ」

シンジ「父さんの?」


作業員+ゲンドウ「よーいしょ!よーいしょ!よーいしょ!」


リツコ「碇司令は、あなたたちが来ることを信じて準備してたのよ」


シンジ「...........!」

彡(^)(^)「理想の上司!フリーザ様!」キャッ キャッ

382: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)21:49:23 ID:YaQ


ガコン!


マヤ「プラグ挿入」

リツコ「全機、補助電源にて起動完了」

ゲンドウ「第一ロックボルト、外せ」


バキッ!バキッ!


作業員「2番から32番までの油圧ロックを解除!」

マヤ「圧力ゼロ、状況フリー」

ゲンドウ「構わん、各機実力で拘束具を除去、出撃しろ」

383: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)21:55:06 ID:YaQ


零号機「」ガゴゴゴゴ.....

初号機「」ガゴゴゴゴ.....

弐号機「」ガゴゴゴゴ.....

参号機「」ガゴゴゴゴ.....


日向『目標は直上にて停止の模様!』

リツコ「作業、急いで!」

オペレーター「非常用バッテリー搭載完了!」

リツコ「よし、行けるわ!」


リツコ「発進!」

384: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)22:06:12 ID:YaQ
排気口......


エヴァ4機「」ズル ズル.....

アスカ「もぉ~お、かっこわるーい!」ズル ズル.......

彡(^)(^)「ウヒヒw」サワ...

アスカ「ギャッ!アンタ今お尻触ったでしょ!?」

彡(^)(^)「エヴァのケツを触ると間接的にパイロットのケツを触った事になるんやな、ええ情報を知ったで~」

アスカ「キモいのよ!!死ねッ!!」ガンッッッッ!!!!

彡(。)(;)「ギャァァァァァッス!!!!」ビー!!ビー!!


日向『参号機、頭部破損!!』

385: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)22:17:34 ID:YaQ
縦穴......


アスカ「あ~、またしてもかっこわるーい!」


ビチャッ......ビチャッ........


アスカ「!!」ジュゥゥゥ....!

レイ「いけない!よけて!」

アスカ「いやぁ!!」ヒュゥゥゥ!

彡(。)(;)「おわぁぁぁぁぁぁぁ!!」ヒュゥゥゥ!

レイ「........!!」ヒュゥゥゥ!

シンジ「うわっ.......くっ!!」ズシン!ギギギギギ........ピタッ......

386: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)22:23:36 ID:YaQ


マトリエル「」ドロッ.....


レイ「......目標は強力な溶解液で本部に直接侵入を図るつもりね」

シンジ「どうすんの?」

アスカ「決まってるじゃない!やっつけるのよ!」

シンジ「だからどうやってだよ!ライフルは落としちゃったし、背中の電池は切れちゃったし、後3分も動かないよ!」

アスカ「.......作戦はあるわ」

387: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)22:36:06 ID:YaQ


アスカ「ここにとどまる機体がディフェンス、A.T.フィールドを中和しつつ奴の溶解液からオフェンスを守る」

アスカ「バックアップは下降、落ちたライフルを回収しオフェンスに渡す、そしてオフェンスはライフルの一斉射にて目標を破壊、これでいいわね?」

レイ「いいわ、ディフェンスは私が」

アスカ「おあいにくさま、あたしがやるわ」

シンジ「そんな、危ないよ!」

アスカ「だからなのよ、あんたにこの前の借りを返しとかないと気持ち悪いからね」

アスカ「シンジがオフェンス、優等生がバックアップ、いいわね?」

レイ「分かったわ」

シンジ「………うん!」

彡(゚)(゚)「あの.....ワイは何をすれば.....」

アスカ「アンタは何もしないで、逃げるばかりで邪魔なだけだから」

シンジ「ワ....ワイ君はここで待機してて!仮に僕らが失敗した時に援護してもらうから!ね?」

彡(ノ)(?)「......わかった」シュン....

シンジ「.........」


アスカ「じゃ、行くわよ!Gehen!!」バッ!!

初号機「」バッ!!

零号機「」バッ!!

388: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)22:43:03 ID:YaQ


アスカ「ここにとどまる機体がディフェンス、A.T.フィールドを中和しつつ奴の溶解液からオフェンスを守る」

アスカ「バックアップは下降、落ちたライフルを回収しオフェンスに渡す、そしてオフェンスはライフルの一斉射にて目標を破壊、これでいいわね?」

レイ「いいわ、ディフェンスは私が」

アスカ「おあいにくさま、あたしがやるわ」

シンジ「そんな、危ないよ!」

アスカ「だからなのよ、あんたにこの前の借りを返しとかないと気持ち悪いからね」

アスカ「シンジがオフェンス、優等生がバックアップ、いいわね?」

レイ「分かったわ」

シンジ「………うん!」

彡(゚)(゚)「あの.....ワイは何をすれば.....」

アスカ「アンタは何もしないで、逃げるばかりで邪魔なだけだから」

シンジ「ワ....ワイ君はここで待機してて!仮に僕らが失敗した時に援護してもらうから!ね?」

彡(ノ)(?)「......わかった」シュン....

シンジ「.........」


アスカ「じゃ、行くわよ!Gehen!!」バッ!!

初号機「」バッ!!

零号機「」バッ!!

389: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)22:44:17 ID:YaQ


マトリエル「」ドロォ......


アスカ「くっ......うっ......!」ジュゥゥ.....!


レイ「.......!」ズシン!!


シンジ「綾波!!」


レイ「受け取って!」ブン!


シンジ「アスカ!避けて!」ガシッ! ガチャッ!


アスカ「......!」バッ!!


ドガガガガガガガガガ!!!!

390: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)22:47:37 ID:YaQ


マトリエル「」ズズゥン.......


アスカ「これで借りは返したわよ!」ニッ!

シンジ「うん!」ニッ!


彡(゚)(゚)(あぁ.....シンジニキが着々とアスカたそとのフラグを構築していくンゴ......)

391: ■忍【LV4,グール,GN】 19/08/08(木)22:54:18 ID:YaQ
そして夜の野原にて.......


シンジ「電気…....人工の光が無いと星がこんなにきれいだなんて、皮肉なもんだね」

アスカ「でも明かりが無いと人が住んでる感じがしないわ」


街「」パッ....パッ....


アスカ「ほら、こっちのほうが落ち着くもの」

レイ「人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ」

アスカ「てっつがくぅ~!」

彡(^)(^)「オサレポエムすこ」

シンジ「だから人間って特別な生き物なのかな、だから使徒は攻めてくるのかな」

アスカ「あんたバカぁ?そんなのわっかるわけないじゃん」

392: 名無しさん@おーぷん 19/08/08(木)23:16:13 ID:kZB
シュン…ってときのワイくんかわヨ

393: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)05:14:09 ID:M17
まだ続いてたんかよこれ

394: ■忍【LV5,グール,GN】 19/08/10(土)11:47:59 ID:6uO
とある日........


シンジ「アスカの誕生日会?」

彡(^)(^)「せやで!明日は12月4日、我らのアスカたその誕生日やで!」

シンジ「明日アスカが誕生日だったなんて知らなかったなぁ」

彡(^)(^)「そんなんやからいつまで経っても童貞なんやで、デキる男は女性の誕生日を把握するぐらい常識なんやで」

シンジ「う.....うるさいなぁ、それならなんで綾波の誕生日について触れないのさ」

彡(゚)(゚)「それがいくらワイの女子限定の情報収集力を持ってして調べてみてもレイたその誕生日だけは一切不明なんや」

シンジ「考えてみれば綾波の生い立ちも謎に包まれてるよね」

彡(^)(^)「まぁわからん事を気にしてもしゃーないし、とにかく明日はパーッと盛大にアスカたその誕生日をお祝いするンゴ!」


ミサト「あら二人ともなに話してんのー?」

395: ■忍【LV5,グール,GN】 19/08/10(土)11:48:48 ID:6uO


彡(^)(^)「ミサトネキか、明日アスカたその誕生日会をやろうと思っとるんや!」

ミサト「へぇー!お誕生日会かぁ、面白そうじゃない!アスカは丁度今洞木さんの家に泊まってるから秘密裏に準備ができるわね」

シンジ「ミサトさん随分乗り気ですね」

ミサト「私が子供の頃はセカンドインパクト真っ只中でお誕生日会なんてできなかったから、せめて今の子達のお誕生日ぐらいはパァーッと祝ってあげたいじゃない?」

彡(^)(^)「ええ事言うやんけ、三十路手前やけど」

ミサト「よーし!そうと決まれば早速準備に取り掛かりましょう!」ゴキッ!バキャッ!メリメリ....ギャァァァァァ!ゴメンナサイゴメンナサイマジデゴメンナサイ!

シンジ「じゃあ僕は部屋の飾り付け用の折り紙やテープ、クラッカー諸々買ってきますね」

ミサト「じゃあ私はケーキ屋さんに行ってバースデーケーキを!」

彡()()「ワ.....ワイはアスカたその誕生日プレゼントを....買いに......行くンゴ」ピク...ピク...

396: ■忍【LV5,グール,GN】 19/08/10(土)11:49:44 ID:6uO
そして........


シンジ「ふぅー、これで飾り付けもできたね」

彡(-)(-)「ンゴゴ......ここに来て一番働いた気がするンゴね~」

ミサト「うんうん!飾り付けも終わったし、プレゼントとケーキも用意したし、後は明日アスカが帰ってくるのを待つだけね!」

シンジ「一応さっきトウジとケンスケ、アスカにわからないように委員長にも電話で声をかけて、来てくれるかはわからないけど一応綾波にも声をかけたよ」

彡(^)(^)「後、さっき誕生日プレゼントを買いに行く時に加持ニキとバッタリ会ったから加持ニキも誘ったで~!」

ミサト「ゲッ.....あいつも来るのか~」

彡(゚)(゚)「アスカたそも誕生日ぐらい好きな人と一緒にいたいやろうなと思ったからやで」

シンジ「あ、加持さんには負けを認めてるんだね」

彡(^)(^)「別にワイはアスカたそを独占したい訳やないし単純にアスカたそが嬉しいとワイも嬉しいんや!」

ミサト「ワイ君.......」ニコッ

彡(^)(^)「明日はアスカたそ、きっと喜んでくれるやろなぁ~」ワクワク

397: ■忍【LV5,グール,GN】 19/08/10(土)11:50:32 ID:6uO
翌日.......


ヒカリ「ほらアスカ、早く早く!」グイグイ! 

アスカ「どうしたのよヒカリ、押さないでよ~」

ヒカリ「いいからいいから、先に入って」ニコニコ!

アスカ「一体何なのよ.......」ガチャッ....


パンパン!!


アスカ「..........!」


全員「「「お誕生日おめでとう!」」」

398: 名無しさん@おーぷん 19/08/10(土)11:50:40 ID:or7
まだやってたんか

399: 名無しさん@おーぷん 19/08/10(土)11:50:52 ID:Cnb
ずっと一人でやってるんか…

400: ■忍【LV5,グール,GN】 19/08/10(土)11:51:22 ID:6uO


アスカ「これは......!」

シンジ「今日はアスカの誕生日でしょ?」

ミサト「昨日一生懸命準備したのよ」

トウジ「ほら、なにボケっとしとんねや!主役はこっちに座らんかい!」


アスカ「..........!」


アスカ「うん!」ニコッ!

401: ■忍【LV5,グール,GN】 19/08/10(土)11:51:55 ID:6uO


トウジ ケンスケ「「このケーキ!うんまぁい!!」」ムシャムシャガツガツ!

レイ「...........」モグモグ....

アスカ「~~~♪」

ミサト(よかったじゃない、アスカ嬉しそうよ)ヒソヒソ...

彡(^)(^)(あぁ.....守りたいあの笑顔....)ヒソヒソ....

シンジ(ワイ君、プレゼント渡すなら今がベストなタイミングじゃない?)ヒソヒソ....

彡(^)(^)(せやな!よっしゃ!バッチリワイの心のこもったプレゼント渡したるで.......ゲヒヒ......)ヒソヒソ.....

シンジ(プレゼント渡すだけなのにこんなに気持ち悪いのは何で何だろう......)


ミサト(それにしても、あのバカ(加持)は何やってんのかしら.....)


ピンポ-ン!


彡(^)(^)「お!きっと加持ニキや!」

アスカ「え!?加持さんも来てくれるの!?」

402: ■忍【LV5,グール,GN】 19/08/10(土)11:52:40 ID:6uO


加持「お、やってるなぁ」ガチャ!

アスカ「加持さん!」トタタ

加持「よ、アスカ、誕生日おめでとう」

ミサト「あんた遅いのよぉ!何やってたの?」

加持「ちょっと色々あったのさ」

彡(^)(^)「ほらほら、加持ニキも上がって盛大にアスカたそをお祝いしようで!」


加持「あー....すまないがこの後仕事が入ってすぐに行かなきゃならないんだ、ここにはちょっと顔を出しに寄っただけなんだ」


アスカ「え........」

彡(゚)(゚)「ファッ!?加持ニキアスカたそを一緒にお祝いするって昨日約束したやんけ!」

加持「すまないな、どうしても外せない仕事なんだ、また今度にしてくれ」

ミサト「また今度って.....日本でみんなとこうやってアスカの誕生日を祝えるのはこの一回しかないかもしれないのよ!?」

アスカ「..........」

加持「すまない」バタン

ミサト「ちょっ.......加持くん!!」


アスカ「...........」


シンジ「アスカ.......」

403: ■忍【LV5,グール,GN】 19/08/10(土)11:53:20 ID:6uO


全員「...........」シィン.....


ミサト「ほ.......ほらほら皆!気を取り直して!あんなバカはほっといてお誕生日会の続きをしましょう!」

トウジ ケンスケ ヒカリ「は....はい....」

アスカ「..........」

彡(^)(^)「アスカたそ、これワイからの誕生日プレゼントや!きっと気に入ってもらえると......」

アスカ「.......いらない」

彡(゚)(゚)「え........」

全員「...........!」


アスカ「アンタから祝ってもらったってちっとも嬉しくない......」


彡(^)(^)「そ.....そんな事言わずに受け取ってクレメンス~アスカた........」


アスカ「うるさいわね!!いらないって言ってるでしょ!!」バシッ!!


プレゼント「」ボトッ


彡(゚)(゚)「あ........」

全員「............!」

アスカ「何!?誕生日プレゼントであたしの気を引こうっての!?あたしからありがとう大好き!って言ってもらえるとでも思ってんの!?」

彡(゚)(゚)「ワイはただアスカたその誕生日をお祝いしたくて........」

アスカ「この際だからハッキリ言うけどキモいのよアンタ」


彡(゚)(゚)

404: ■忍【LV5,グール,GN】 19/08/10(土)11:54:15 ID:6uO


アスカ「前々からずっと気持ち悪いと思ってたし、アンタから名前を呼ばれるのも話しかけられるのもホントに嫌だった」


アスカ「うざいのよアンタ」


全員「..........!」

トウジ「あいつ....!いくらなんでも言い過ぎや......!」ガタッ!


アスカ「とにかく、もう二度とあたしに話しかけてこな.......」ハッ....!


彡(;)(;)


アスカ「..........!」


彡(;>)(<;)「ビェェェェェェェェン!!」ダッ!!


シンジ「ワイ君!!」


全員「...........」


ミサト「ワイ君........」


続く?